• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 交通 > おでかけサポート事業 > 社会実証実験

ここから本文です。

社会実証実験

市では、高齢者の方がバス停までの距離があるなどの理由によりバス等の利用が困難な地域において、公共交通機関と地域活動の連携により地域内交通の移動性を高めるため、平成29年2月、小野地区、神姫バス株式会社、三田地区タクシー協議会、市による4者の連携協力に関する協定締結により、社会実証実験を実施する体制づくりをしてきました。
これを受けて、小野地区ふれあい活動推進協議会・安心とおでかけサポート委員会が平成30年6月19日に社会実証実験をスタートされました。

今後は、これまでの実績を踏まえ、より持続性の高い活動にむけ継続的に検討しながら活動を続けます。

おでかけサポート事業(社会実証実験)の概要

実施主体

小野地区ふれあい活動推進協議会・安心とおでかけサポート委員会

事業期間

令和2年3月31日まで (予定)

 実施概要

小野地区内の70歳以上(介護を要しない)の人の移動を含む生活支援を実施。
自宅から最寄り、若しくはあらかじめ定めた地域内の神姫バス停留所(小野区:小野/乙原区:乙原公民館前/母子区ならびに永沢寺区:母子または乙原公民館前)までの移動の支援を行う。

拠点環境整備

あらかじめ定めた地区内の拠点では、バス待ち環境が快適となるよう簡易な屋根やベンチなどの整備を市の支援のもとで行う。

普及啓発

  1. 安心とおでかけサポートのマスコットキャラクター「お互いさま之助」で地域全体で活動精神を共有。ボランティア車両には、活動中であることが分かるよう「お互いさま之助」車両マグネットを掲出。さま之助
  2. 利用者には、サービスが使いやすいよう、「お互いさま之助」活動啓発マグネットを配布。
  3. おでかけとバス利用の促進につながるよう、神姫バスの協力により全戸にバス時刻表(大判)を全戸配布。
  4. 地域内で活動内容が周知され、サービスの利用促進を図られるよう、活動広報誌を作成・発行(年1回予定)。

活動方法

  1. 利用者:会員登録制(登録料3,000円)
  2. ボランティア:会員登録制
  3. 活動日時:原則平日の8時00分~18時00分(土、日、祝は休み)
    ※12月29日~1月3日までは運行しない。また、気象警報がでるなどの場合は活動中止とする。
  4. 受付時間:利用希望日の前々日の18時00分までに電話予約
  5. 利用料金 1回の支援につき 1人100円(チケット制・100円×10枚綴り)

事業に関する報告書

関連リンク

支援者、利用者の声(広報「伸びゆく三田」平成30年9月15日号より)(PDF:681KB)

第5回地域公共交通活性化協議会

第4回地域公共交通活性化協議会

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部都市政策室交通まちづくり課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5058

ファクス番号:079-559-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?