• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 年金・保険・福祉医療 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付 > 入院時の食事代

ここから本文です。

入院時の食事代

 入院したときの食事代は、診療や薬にかかる費用とは別に、下記の標準負担額を自己負担し、残りは国保が負担します。
65歳以上の人が療養病床に入院したときは、食費と居住費として定められた標準負担額を自己負担します。

入院時の食事代

負担区分※1

1食当たりの食費

 一般(下記以外の人)

    460円※2

(H30.3月までは360円)

     住民税課税世帯の指定難病及び小児慢性特定疾病の人

 260円

    住民税非課税世帯・低所得者2(過去1年間の入院日数が90日以下の場合)

210円

低所得者2(過去1年間の入院日数が90日を超える場合)

160円

低所得者1

100円

 ※1 負担区分の詳細については、70歳以上の人は高齢者の負担割合を、それ以外の人は高額療養費をご覧ください。  

 ※2 平成28年3月31日時点で1年以上継続して精神病床に入院している人で、4月1日以後も引き続き入院している人は、当面の間260円のまま据え置かれます。 

入院時の食事代の減額認定を受けるには申請が必要です。詳細は限度額認定証をご覧ください。

療養病床に入院している場合の負担額

65歳以上の人が療養病床(注)に入院する場合は、食費・居住費を自己負担します。標準負担額は、次のとおりです。

ただし療養病床に入院している人のうち、入院医療の必要性が高い人は、「入院時の食事代」と同額になります。

負担区分

1食当たりの食費

一般(下記以外の人)

460円

住民税非課税世帯・低所得者2

210円

低所得者1

130円

   ※負担区分の詳細については、70歳以上の人は高齢者の負担割合を、それ以外の人は高額療養費をご覧ください。

 

 1日あたりの居住費

療養病床に入院している

65歳以上の人

~平成29年9月

平成29年10月~

            平成30年3月

平成30年4月~
下記以外の人

320円

370円

370円

医療の必要性の高い人

0円

200円

370円

指定難病の人

老齢福祉年金受給者

0円

0円

0円

 ※人工呼吸器や静脈栄養等が必要な人で、指定難病の人以外

(注)療養病床とは精神病床、感染症病床及び結核病床以外の病床であって、主として長期にわたり療養を必要とする患者を入院させるための病床。

★療養病床の食事代・居住費の減額認定を受けるには申請が必要です。詳細は限度額認定証をご覧ください。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室国保医療課 担当者名:給付係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5049

ファクス番号:079-559-2636

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?