三田市携帯サイト

5.高額療養費の計算方法(携帯サービス)

医療機関で支払った一部負担金の合計が一月あたりの自己負担上限額を超えた場合、申請により払い戻します(還付)。

1.計算ルール

月単位(1日〜末日)で受診した分をまとめて計算します。 外来は個人ごとに計算します。入院を含む場合は同世帯の老人医療費受給者の受診も合わせて計算します。 病院、診療所、歯科の区別なく、調剤薬局の一部負担金もすべて合算して計算します。

2.計算の順序

まず外来の自己負担額を個人ごとに合算して、外来の限度額を適用します。 次に入院の費用や同世帯の老人医療費受給者の受診を合算して、外来+入院の限度額を適用します。 限度額を超えた金額を払い戻します(還付)。

3.例 負担区分が区分2、二人世帯(夫65歳・妻65歳)、外来と入院がある場合

夫がA病院(外来)で1万円、B病院(外来)で1万円を自己負担し、妻がC病院(入院)で35,400円(医療費の総額は50万円)を自己負担したと仮定すると、

<夫> 外来の自己負担(合計)20,000円-自己負担限度額12,000円=8,000円

<妻> 入院の自己負担35,400円

<世帯合算> 自己負担の合計: 夫の外来12,000円+妻の入院35,400円=47,400円が、区分2世帯の自己負担限度額(35,400円)を超えるため、47,400円-35,400円=12,000円

<払い戻される金額の合計> 8,000円+12,000円=20,000円 ⇒ 申請により払い戻し


ホーム > 手続き > 福祉 > 高齢期移行助成制度(携帯サービス) > 5.高額療養費の計算方法(携帯サービス)


お問い合わせ

福祉共生部健康推進室国保医療課
住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5049
ファクス番号:079-559-2636


三田市役所


Copyright© 2010 Sanda City. All Rights Reserved.