• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 令和2年10月1日よりロタウイルスワクチンが定期予防接種になります

ここから本文です。

令和2年10月1日よりロタウイルスワクチンが定期予防接種になります

 ロタウイルス感染症は、急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気です。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると入院加療が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち40~50%前後はロタウイルスが原因です。

ロタウイルスワクチンについて

 

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも同様の効果があります。いずれも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、飲むワクチンです。ロタウイルスによる胃腸炎の重症化予防を目的としています。ワクチンにより接種回数が異なります。医療機関で相談し、どちらかのワクチンを選んでください。途中からもう一方のワクチンに変更することはできません。最初に接種したワクチンと同じワクチンを2回目以降も接種してください。

対象者

令和2年8月1日以後に出生し、三田市に住民登録のある人(対象者には説明書、予診票兼接種権を個別通知します。)

※ただし定期予防接種として無料で接種できるのは令和2年10月1日の接種からとなります。9月30日までに接種をした場合、任意接種(費用は全額自己負担)となりますので、ご注意ください。

接種間隔及び回数

  • ロタテック 出生6週0日後から出生32週0日後まで、27日以上の間隔をあけて3回
  • ロタリックス 出生6週0日後から出生24週0日後まで、27日以上の間隔をあけて2回

0908 

※標準的には、初回接種は生後2か月に至った日から出生14週6日後までに接種してください。

出生15週0日後以降の初回接種は、安全性が確立されていません。

ワクチン接種後1~2週間は「腸重積症」に注意!

 予防接種を受けた後、30分程度は急な副反応がまれに起こることがあります。特にロタウイルスワクチン接種後1~2週間は腸重積症に注意してください。腸重積症とは、腸の一部が隣接する腸管にはまり込む病気です。腸の血流が悪くなることで腸の組織に障害を起こすことがあるため、速やかな治療が必要です。0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても起こる病気で、3~4か月齢ぐらいから月齢があがるにつれて多くなります。できるだけ腸重積症の起こりにくい時期に接種を受けることが望ましいと言われており、初回接種を出生14週6日までに受けることが推奨されています。次の症状が一つでも見られた時は、早急に医療機関を受診しましょう。受診の際には、ロタウイルスワクチンを接種したことを医師に伝えてください。

  • 突然激しく泣く
  • 機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す
  • 嘔吐する
  • 血便がでる
  • ぐったりして顔色が悪い

 腸重積症は、手術が必要になることもありますが、発症後、早く治療すれば、ほとんどの場合、手術をせずに治療できます。

また、ワクチン接種後2週間ほどは、赤ちゃんの便の中にワクチンのウイルスが含まれることがあります。おむつ交換の後など丁寧に手を洗いましょう。

 この他、気になることがあれば予防接種を受けた医療機関で相談しましょう。

 ロタウイルスワクチン実施医療機関一覧(PDF:65KB)

予防接種の際には事前に電話で予約しましょう

 ロタウイルスワクチン厚生労働省(PDF:675KB)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室すくすく子育て課 母子保健担当

住所:〒669-1514 三田市川除675番地(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?