• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 日本脳炎ワクチンの供給不足について

ここから本文です。

日本脳炎ワクチンの供給不足について

この度、日本脳炎ワクチンの製造を一時停止したことにより、令和3年度の前半において、ワクチンの供給量が大幅に減少します。令和3年10月以降から、少しずつ供給体制が戻り、令和4年度は供給量が増加する見込みです。

供給体制が正常化するまでは、下記のとおり、対応させていただきます。

接種対象者の優先

当面の間、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷量の調整が行われる見込みのため、供給が安定するまでの間、次の対応を行います。

  • 初回第1期(1回目および2回目)の接種を優先します。

※ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている場合には、可能な限り、定期接種で受けられる年齢を過ぎないように、接種してください。

 

対象者の個別通知時期について

令和3年度は、対象者の個別通知の時期を変更します。

  • 平成15年度生まれ(特例対象者18歳)は、令和3年10月ごろに個別通知します。
  •  平成24年度生まれ(日本脳炎第2期 9歳)は令和4年4月ごろに個別通知します。

※個別通知後に接種を開始したとしても、定期接種の期限内に接種することができますので、供給再開までお待ちいただきますようお願いいたします。

※日本脳炎初回第1期(1回目および2回目)の対象者については、個別通知はありません。出生時にお渡しした「予防接種のてびき」に綴じ込みの予診票兼接種券を使用してください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室すくすく子育て課 母子保健担当

住所:〒669-1514 三田市川除675番地(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?