• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種について

ここから本文です。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種について


ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種については厚生労働省のホームページをご確認ください。


 

ヒトパピローマウイルスは、ヒトにとって特殊なウイルスではなく、多くのヒトが感染し、その一部が子宮頸がん等を発症します。100種類以上の遺伝子型があり、感染しても多くの場合、ウイルスは自然に検出されなくなりますが、一部が数年から十数年間かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症すると言われています。

このワクチンについては、平成25年6月14日に厚生労働省から通知があり、現在も積極的勧奨は控えています。

しかし、接種を希望される対象者は定期予防接種として接種することができます。

三田市では、標準的接種期間である中学校1年生の時にハガキで対象者であることをお知らせしています。接種には予診票が必要です。すくすく子育て課、もしくは実施医療機関よりお渡ししますので、ご連絡ください。

接種にあたっては厚生労働省のホームページ、リーフレットをご確認のうえ、ご検討ください。

対象者

小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子(12歳となる年度の初日から16歳となる年度の末日まで)

標準的な接種期間としては中学校1年生相当

接種間隔と回数

ワクチンの種類により接種間隔が異なります。異なる種類のワクチンを交互に接種した場合の効果、安全性については十分なデータがないので、同じワクチンを3回接種してください。

  • サーバリックス

1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔をおいて1回

※標準的には1月の間隔をおいて2回行った後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回

  • ガーダシル

1月以上の間隔をおいて2回行った後、2回目の接種から3月以上の間隔をおいて1回

※標準的には2月の間隔をおいて2回行った後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回

子宮頸がん予防ワクチンに関する相談窓口

  • 県の相談窓口

電話078-362-3226(平日9時から17時まで) 

概要版 小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方への大切なお知らせ(PDF:3,257KB)

詳細版 小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方への大切なお知らせ(PDF:4,285KB)

ヒトパピローマウイルス定期接種実施医療機関(PDF:96KB)

厚生労働省ホームページ参照(外部サイトへリンク)

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室すくすく子育て課 母子保健担当

住所:〒669-1514 三田市川除675番地(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?