• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 学校園の取り組み等 > 三田の英語教育 > 第9回三田市中学校英語暗唱大会を開催しました。

ここから本文です。

第9回三田市中学校英語暗唱大会を開催しました。

    令和3(2021)年11月6日(土曜日)に、市内公立中学校に通う生徒による「第9回三田市中学校英語暗唱大会:The 9th Sanda City Junior High School English Recitation Contest」を三田市教育委員会主催・三田市中学校英語部会企画運営により、ウッディタウン市民センターにて開催しました。

    三田市中学校英語暗唱大会は、平成25(2013)年度に、英語の授業で学習した教材を「暗唱」という形で発表する場を設け、生徒の英語学習への意欲を高めることをねらいとしてスタートしました。

    今年度は昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行ったうえでの開催となり、参加者は、各中学校代表生徒と生徒司会者、そしてその保護者限定となりました。

 

    R3/recitationcontest/0194

 

    当日は、市内全公立中学校から19名(1年生3名、2年生9名、3年生7名)の生徒が参加し、学年ごとに決められた課題から一つを選択して暗唱しました。大会の司会進行は、上野台中学校、富士中学校から計5名の生徒が英語及び日本語で行いました。

 

    今年度も、暗唱発表生徒と司会生徒一人ひとりの頑張りが感じられる、熱意あふれる大会となりました。

 

    R3/recitationcontest/0147

  

    ~開会あいさつより~

       The theme was "WE HAVE WINGS".  It means that within each and every one of us, we have the power to create our own tailwinds.  By taking the courage to spread our "wings" that power can help us reach places we never could have dreamed of.

    パラリンピック開会式のテーマは、"WE HAVE WINGS." (わたしたちには翼がある。)でした 。わたしたち誰もが、一人ひとり、自分の中に「追い風」を生み出す力を持っています。勇気を持って自分の翼を広げると、その翼の力によって想像すらすることのなかった場所にたどり着くことができるのです。 (パラリンピック開会式テーマ  "WE HAVE WINGS" )

  

    審査は、岡山理科大学 教育学部 准教授 坂本南美先生を審査員に迎え、中学校校長会英語科代表者及び三田市ALT3名の計5名が担当しました。

    出場生徒は、教科書に掲載されている物語やスピーチなど決められた課題の中から、各自で選んで暗唱をします。

    9回目を迎えた今年度は、暗唱するテキストが新しい内容になり、各学年のテキストの難易度があがりましたが、本番では、どの生徒もテキストで描かれている内容をしっかりと理解して、自分の言葉として豊かに表現していました。

 

    R3/recitationcontest/0214

 

    生徒たちは、テキストを暗唱することに加えて、英語の発音や強弱、音のつながりなどを意識して発声しています。また、テキストの内容に合わせて、ジェスチャーを入れたり、声のトーンを変えて物語の登場人物の違いを表したりするなど、参加者一人ひとりの工夫や個性が光る発表でした。

   

    優秀賞として表彰状が、最優秀賞としてトロフィーが、それぞれの受賞者に贈呈されました。

    ≪優秀賞≫  各学年1、2位  (1年生の部は、出場者が3名以下のため、1位のみ。)   

    ≪最優秀賞≫   全参加者の中から最優秀賞を1名選出

    ≪国際交流協会特別賞≫  全参加者の中から、英語を学ぶ意欲や表現・技能、将来性等を評価して1名選出

        三田市国際交流協会 会長様より、国際交流協会特別賞を授与していただきました。

 

    最後に、審査員の岡山理科大学 准教授 坂本南美先生とALTのBrett先生から、暗唱発表生徒と司会生徒、参加者一人ひとりに向けて、励みとなる温かいお言葉をいただきました。

    R3/recitationcontest/0251

 

    参加生徒は暗唱を通して、日ごろの学習の成果を生き生きと発表しました。 そして、司会生徒は、会の進行を通して、発表生徒の頑張りをしっかりと支えてくれました。

  

*参加生徒(暗唱発表・司会)の感想より

    「より英語に興味・関心が持てた。何かに挑戦するという場を持たせていただいた。他の人の多様な表現に触れられた。」

    「楽しかった。挑戦できてよかった。」

    「精一杯がんばることができた。自身をもって話すこと、役になりきることの大切さも学べた。」

    「初めて参加したがレベルが高くて観ている方も楽しかったです。」

    「他の人の暗唱を聞いて、色々と気付きがあった。」

    「みんなが頑張っているのが伝わった。」

    「今まで経験できなかったことを経験できた。練習の成果を発揮できた。」

    「いろいろな人の発表を聞けた。また自分のベストを尽くせた。」

    「コロナで様々な行事がない中、このような発表の場があるのはとてもいいことだと思いました。」

 

    暗唱発表をした生徒、司会進行を担当した生徒、24名全員がそれぞれの場で立派に頑張りました。

     

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育研修所

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5123

ファクス番号:079-559-6900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?