• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 「校区すみからすみまで!」弥生小学校令和2年1月18日放送分

ここから本文です。

「校区すみからすみまで!」弥生小学校令和2年1月18日放送分

地元FM局・ハニーFM(82.2MH)に児童が出演し、学校の様子を分かりやすくお話しする広報番組「校区すみからすみまで!」。毎月第1・3・5土曜日10時45分~放送していますので、ぜひお聴きください。

放送内容(概要)

令和2年1月18日放送
三田市立弥生小学校
出演:3年生
内容:校歌、校区にある深田公園の自然について

はじめのことば

―弥生小学校3年生は、2学期に、校区にある深田公園の自然について調べた。
―「むしむしペナントレース」といって、人と自然の博物館の研究の方と一緒に、深田公園の虫を捕まえて、観察し、仲間分けをしたり、秋と冬の深田公園の花や植物を観察し、ドングリや種を探したりした。
―わかったこと、学んだことをもとに、「深田公園おもしろクイズ図鑑」を作り、2年生とクイズ大会を行った。
―「クイズ図鑑」に載っていることは、深田公園の自然をもとにして考えたもの。
―地域の方、ラジオを聴いている方にも、深田公園のことを知ってほしい。
―4つの班に分かれて、図鑑を作った。それぞれのチームが発表する。

虫Bチーム

―虫Bチームは、深田公園の虫を調べた。
―調べた虫は、モンキチョウ。モンキチョウは、前足の先で味を感じることをクイズにした。
―モンキチョウの住んでいるところを、日本地図で説明した。
―日本地図を描くのが、大変だった。
―マダラクワガタについて調べて、大きさをクイズにした。
―マダラクワガタは、5円玉の穴くらいの大きさで、重さは0.002mg。50万匹集めてようやく1g。とても小さいのでびっくりした。
―ほかには、トンボやショウリョウバッタ、スズメバチ、カブトムシ、カマキリについて調べた。
―虫Bチームは、クイズをすごろくにして発表した。とても面白くでき、2年生が喜んでくれた。
―クイズすごろくは、サイコロを振り、出た目の数を進み、進んだところのクイズを解く。
―2年生が、楽しめるように作った。
―虫のことを覚えてもらってよかった。

虫Cチーム

―虫Cチームも、深田公園の虫について調べた。
―クルマバッタを調べた。クルマバッタの特徴は、短い触角と長い後ろ足。クルマバッタは、数が少ないので、見つけたら優しくしてほしい。
―モンシロチョウを調べた。モンシロチョウの特徴は、羽の黒い紋(もん)と大きさで、さなぎの色は場所によって変わる。周りの環境に溶け込むことで、鳥などの天敵から見つかりにくくしている。とてもかしこい虫だと思った。
―ほかには、テントウムシ、シオカラトンボ、アゲハチョウ、トノサマバッタ、カブトムシについて調べた。
―図鑑を作る前に、「むしむしペナントレース」をした。虫だけではなく、オタマジャクシなど水の中の生き物も捕まえた。一番レアだったのは、アブ。とても楽しかった。
―深田公園は、弥生が丘の中で一番広い公園で、とても楽しいところ。
<おすすめのクイズについて>
―トナサマバッタは、クルマバッタの仲間である。マルかバツか?
―答えはマル。トノサマバッタは、クルマバッタの仲間。

植物Aチーム

―植物Aチームは、深田公園の植物について調べた。
―ツバキについて調べた。ツバキの特徴は、9月~11月に実が育ち切ると、3つに割れること。ツバキは、木工品に使われる。種が多いものもあれば、少ないものもある。
―ドングリの木であるコナラについて調べた。
―コナラの特徴は、高さが10~20mにもなり、若い枝には細かい毛が生えているところ。
―ほかにはツクシ、タンポポ、クヌギやアベマキ、イヌブナなど、ドングリのなる木、カキ、ガマについて調べた。
―深田公園の植物を調べて、ドングリにもたくさんの種類があることを知ることができてよかった。もっとたくさんの植物を調べたい。
―人と自然の博物館の研究員の方に、ツバキの中に油があることを教えてもらい、びっくりした。
<おすすめクイズについて>
―深田公園には、何種類のドングリがある?
―答えは3択。(1)5種類、(2)8種類、(3)12種類
―答えは(2)の8種類

植物Dチーム

―植物Dチームも、深田公園の植物について調べた。
―ドングリのなる木を調べた。ドングリには、種類がたくさんある。その中で一番気に入っているのは、コナラ。コナラの花は10cmくらいで、雄花が垂れ下がるように咲き、雌花は新しい枝の上の方の葉の付け根に集まって咲く。2年生に説明するときは、3種類の木を説明した。もっといろんなどんぐりを見たいと思った。
―エノコログサについて調べた。エノコログサは、別名ネコジャラシ。ネコジャラシは、イネ科で身近にたくさん生えている。深田公園にもたくさんあった。2年生に、本当の名前であるエノコログサを教えてあげると、びっくりしていた。エノコログサの名前を知らない人が多いので、一人でも多くの人に知ってもらいたい。
―ほかにはガマ、シロツメグサ、アカマツ、カキ、カンサイタンポポについて調べた。
―深田公園には、いろいろな生き物がおり、たくさんの種類の植物がある。どの生き物も命のリレーをしていて、一生懸命に生きていることが分かった。これからも、弥生の町が自然豊かなままでいてほしい。皆さんも深田公園に行って、生き物や植物たちに出会ってください。
<おもしろクイズ図鑑を作るときの工夫について>
―みんなで話し合いをしたり、意見を出し合ったりした。
―植物の絵を描く時に、図鑑を何度も何度も見直して、工夫して描いた。
―ガマの種類を考えて、説明するときに短い文にまとめるようがんばった。
―アカマツの絵を、本物みたいに描いた。
―カンサイタンポポの黄色の色を、たくさん塗るのに苦労した。

特によくあるご質問

お問い合わせ

学校教育部 教育研修所

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5123

ファクス番号:079-559-6900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?