• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 防災 > 避難所情報 > 避難の準備

ここから本文です。

避難の準備

避難時の心得

  • 避難は徒歩が原則です。
  • 単独行動は避け、集団で避難しましょう。
  • いつも通る道が安全とは限りません。
  • 遠回りしてでも安全な道を選ぶことが大切です。杖や棒などを持って足元を確認しながら避難しましょう。
  • 河川増水、氾濫時などは、無理して避難する方がかえって危険な場合もあります。
  • 夜間や浸水が始まってからの避難は大変危険です。このような場合、無理をせず、ビルの2階建て以上の強固な建物などに避難することを考えましょう。
  • 浸水している道を車で通行することは、大変危険です。エンジンが止まり水圧でドアが開かなくなり閉じ込められます。無理をせず引き返す。他の道を選ぶ。車から降りて徒歩で避難するなど、安全を第一に考えて行動しましょう。
  • 避難する際は、通電火災を予防するため、電気のブレーカーを落とし、火の元、戸締りを再度確認し、安否確認が出来るよう、玄関ドアに避難場所を貼り付けるなどしましょう。

避難時の服装

  • ヘルメットや防災ずきんで頭を保護しましょう。
  • 底が厚く、動きやすいはきなれたクツで・・・。
  • 長袖、長ズボンなど肌を出さない服装で。
  • 安全を考えて、手には軍手などを着用して。
  • 荷物は手に持たず、リュックサックに入れて。
  • お年寄りや子供の衣服には迷子札をつけて。

※避難路、避難場所の確認を前もって行い、避難する時は近所の人と一緒に秩序を守って、決められた場所へ避難しましょう。

非常備蓄品・持出品リスト

非常備蓄品

災害復旧までの数日間を支えるもので、1人最低でも3日分、できれば7日分を用意しておき、被害を受けにくく、外から取り出しやすい場所にまとめておきましょう。

  • 非常食(そのままか、簡単な調理で食べられるもの)
  • 飲料水(1日1人3リットルが目安)
  • ポリタンク
  • 懐中電灯(照明器具として使える大型のもの・携帯電話への充電が可能な手回し式タイプなどが便利です)
  • 予備の乾電池
  • キャンプ用の食器セット
  • 固形燃料か卓上コンロ(ガスボンベも多めに用意すること)
  • 日用品(洗面具、ティッシュ、トイレットペーパー、キッチン用ラップ、石鹸、シャンプーなど)
  • 毛布
  • ビニール袋、ビニールシート
  • 簡易トイレ
  • 文房具(筆記用具やセロハンテープ) 

非常持出品

避難するときに持ち出す最小限の必需品。あまり欲張りすぎないことがポイントです。男性で15kg、女性なら10kg程度を目安に、背負いやすいようにリュックサックにまとめておきましょう。

  • 携帯ラジオ(小型で、FMとAMともに聴けるタイプ)
  • 懐中電灯、ろうそく
  • 予備の乾電池
  • ヘルメット
  • 非常食(携帯性がよく、調理不要で、満腹感の得られるもの)
  • 飲料水(ミネラルウォーターなど)
  • ライター、マッチ
  • 缶切り、栓抜き、 はさみ
  • ティッシュ、ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • ベビー用品
  • 衣類
  • 雨具
  • ハンカチ、タオル
  • 生理用品
  • 救急医薬品、常備薬

※各家庭や事業所などにおいては、最低3日分の非常用物資の備蓄を行ってください。

※食料や飲料水、電池、医薬品などは定期的にチェックし、使用期限を過ぎているものなどは交換しておきましょう。また、交換日をメモしておき、次回のチェックに役立てましょう。

特によくあるご質問

お問い合わせ

危機管理課  

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5057

ファクス番号:079-559-1254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?