• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 注意喚起情報 > まん延防止等重点措置実施区域における要請等について

ここから本文です。

まん延防止等重点措置実施区域における要請等について

感染拡大防止に向けた取り組みについて、これまでの市民、事業者の皆様のご協力に心から感謝申し上げます。
県内の感染状況を見ると、新型コロナウイルス新規感染者数は300人を超える日が続き、4月16日、17日と2日続けて、1日の新規感染者数が過去最多を更新するなど感染が急拡大しています。
4月1日に兵庫県は、「まん延防止等重点措置」実施区域に指定されました。そのため、特に感染が拡大している神戸市、阪神南地域(尼崎市、西宮市、芦屋市)を重点区域とし、4月5日から営業時間短縮要請など対策が強化されました。
また、感染の急拡大に伴い、4月15日に兵庫県は、4月22日から三田市を含む阪神北地域(伊丹市、宝塚市、川西市,三田市、猪名川町)及び明石市に対して、「まん延防止等重点措置」実施区域を拡大し、対策を強化することとなりました。
ウイルスの変異株による感染の増加が顕著になっています。新規感染者数の急激な増加に伴い、県内の重症病使用率が75%を超え、入院調整も1,000人を超えるなど、医療体制は危機的状況にあります。医師や看護師の懸命な努力が続いています。
今ここで対策を緩めることはできません。何としても感染の増大を防がねばなりません。市民、事業者の皆様には、感染防止を我が事としてとらえ、「必ず感染しない・させない」との強い思いで、ご自身の健康や行動に注意していただき、引き続き、次の取組にご理解、ご協力をお願いします。 


まん延防止等重点措置実施区域における要請について
1  【区域】
神戸市、阪神南地域(尼崎市、西宮市、芦屋市)県内全域
阪神北地域(伊丹市、宝塚市、川西市,三田市、猪名川町)及び明石市
※ 4 月22 日から5 月5 日まで【対象地域拡大】

2  【期間解除日】 4月5日(月曜日)から5月5日(水曜日)まで

兵庫県まん延防止等重点措置・時短要請等に関するコールセンター
電話:078-362-9921 受付時間:平日午前9時~午後5時

感染拡大防止における要請について
1  【区域】県内全域
※飲食店、遊興施設への営業時間短縮の要請については、下記地域が対象
東播磨地域(加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)、 中播磨地域(姫路市、市川町、福崎町、神河町)

2  【期間解除日】 4月5日(月曜日)から5月5日(水曜日)まで

「まん延防止等重点措置実施区域」の拡充等(兵庫県・令和3年4月15日)(PDF:1,070KB)

市長メッセージ「これ以上の感染拡大を防止するために」(令和3年4月16日)

県知事メッセージ「第4波危機 感染拡大防止緊急要請」(県民の皆様向け)(兵庫県・令和3年4月15日)(PDF:126KB)

県知事メッセージ「第4波危機 感染拡大防止緊急要請」(事業者の皆様向け)(兵庫県・令和3年4月15日)(PDF:97KB)

 市内事業者の皆様へのお願い・営業時間の短縮等

 

対象地域



【期間】令和3年4月5日~4月21日
神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市

【期間】令和3年4月22日~5月5日
神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、明石市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町
4月22日から対象地域追加

【期間】令和3年4月5日~4月21日
阪神北地域
(伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町)
東播磨地域(明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)
中播磨地域(姫路市、市川町、福崎町、神河町)

内容

営業時間5時~20時
(酒類提供 11時~19時)

営業時間5時~21時
(酒類提供 11時~20時30分)

  
新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に係る飲食店等に対する営業時間短縮要請について(兵庫県)

 

  • 飲食店は、4月21日まで21までの営業、酒類の提供は20時30分までとすることについて、ご協力をお願いします。
     4月22日から5月5日まで、20時までの営業、酒類の提供は19時までとすることについて、ご協力をお願いします。

    兵庫県まん延防止等重点措置・時短要請等に関するコールセンター
    電話:078-362-9921 受付時間:平日午前9時~午後5時

    兵庫県時短協力金コールセンター(協力金に関すること)
    電話:078-361-2501 受付時間:平日午前9時~午後5時

    詳しくは、こちらをご確認ください。新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(兵庫県)(外部サイトへリンク)

  • 入場者にマスク着用を徹底し、していない者の入場を禁止するようお願いします。
  • 発熱など感染症の症状のある者の入場を禁止するようお願いします。
  • 従業員に対する検査の受診を勧奨してください。
  • 飲食店は、カラオケ設備の利用を自粛してください
  • 感染拡大予防ガイドライン等に基づく、感染防止策の徹底をお願いします。アクリル板の設置や座席間隔の確保、特に、適切な換気のため、CO2センサー等の活用をお願いします。
  • 会食は、同居家族を除き、1グループ4人以内とし、長時間の飲食は控え、会話の際は、扇子やマスク等により、飛沫を防止するよう促してください。
  •  営業時は、業種別ガイドラインを遵守し、感染防止対策宣言ポスターの掲示、新型コロナ追跡システムの導入をお願いします。

 市民の皆様へのお願い・外出の自粛等

外出の自粛

  • 不要不急の外出・移動を自粛してください。
  • 特に大阪など県境を越えたまん延防止等重点措置区域への往来は自粛してください。

飲食店等での注意

  • 感染対策を行っていない飲食店、カラオケ店などへの出入りを自粛してください。
    特に、大阪などまん延防止等重点措置区域での飲食は控えてください。
  • 時短要請がされている時間帯に飲食店にみだりに出入りしないようにお願いします。
  • 飲み会(宅飲み)など大人数・長時間(2次会には行かない)の飲食は控えるようお願いします。 
  • 会食後、数日間は人との接触に注意するなど、家庭内においても「人にうつさない」行動をしてください。

家庭での感染防止対策

  • リスクの高い行動の自粛や基本的な感染対策の徹底など「ウイルスを家庭に持ち込まない」行動をお願いします。
  • 帰宅後の手洗い、換気の実施、発熱者がいる場合の個室の確保や共用部分の消毒など「ウイルスを家庭内に広げない」行動をお願いします。
  • 毎日の検温など家族の健康管理、発熱など症状がある場合のかかりつけ医への相談など「ウイルスを家庭外に広げない」行動をお願いします。

    家庭における新型コロナ感染防止対策(PDF:88KB)

若い方々のリスクの高い行動の自粛

  • 会食などリスクの高い場面を避けてください。
  • 歓送迎会や新歓コンパや宅飲みなど飲み会を自粛し、さらに路上飲み公園飲みは絶対にやめてください。
  • 大学や企業の食堂、構内等での飲食や談話時には3密を回避してください。
  • 部活動・サークル活動などの際には、マスクの着用・手指消毒など感染防止対策を徹底してください。

3密(密閉、密集、密接)の回避

  • マスク、手洗い、定期的な換気、周りの人との一定の距離の確保など3密(密閉、密集、密接)の回避をお願いします。
    ※ 症状のある場合は、外出を控えるとともに、すぐにかかりつけ医などに電話で相談してください。

「5つの場面」への注意

引き続き、感染リスクが高まるとされる「5つの場面」に注意するようお願いします。
「5つの場面」

  •  飲酒を伴う懇親会等
  •  大人数や長時間に及ぶ飲食 
  •  マスクなしでの会話
  •  狭い空間での共同生活
  • 休憩室、喫煙所、更衣室等  

テレワーク等の推進

人と人との接触機会を減らすため

  •  在宅勤務(テレワーク)やテレビ会議などに一層取り組んでください。    

イベント開催要件の見直し

区分

収容率

人数上限

大声での歓声・声援等がないことを前提
・クラシック音楽コンサート、演劇、舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・式典、展示会等

100%
以内

【4月5日から5月5日まで】

5,000人以下

大声での歓声・声援等を想定
・ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公営競技、公演、ライブハウス・ナイトクラブでのイベント等

50%
以内

3密の回避など 「ひょうごスタイル」の推進

兵庫の新たな生活様式「ひょうごスタイル」を取り入れ、新型コロナウイルス感染拡大予防にご協力をお願いします。

感染拡大を予防する「日常生活」(ライフスタイル)

   ウイルスとの共存を意識した生活習慣

  1.  「3密」(密閉・密集・密接)の回避
  2. 身体的距離(ソーシャルディスタンス)の確保(できるだけ2m。最低1m)
  3. マスクの着用(※)、咳エチケットの徹底
  4. 手洗い・手指消毒(手洗いは30秒程度、石けん・消毒薬の利用)
  5. 体温測定・健康チェック(熱や風邪の症状がある時は自宅で療養)
  6. 発症時やクラスター発生時に備え、いつ誰とどこで会ったかを記録
     ※夏場は熱中症リスクを考慮し、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合は、マスクをはずす。

日常生活の各場面別の行動スタイル

 (1) 買い物

  • 通販、電子決済の利用
  • 展示品への接触は控えるなど

 (2)公共交通機関

  • 会話は控えめに
  • 混んでいる時間帯を避けるなど

 (3)食事

  • 持ち帰りや出前、デリバリーも利用
  • お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けるなど

 (4)娯楽・スポーツ等

  • 公園はすいている時間、場所を選ぶ
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用など

 (5)イベント等

  • 発熱や風邪の症状がある場合は参加しない
  • 接触確認アプリ・追跡システムの利用を

 感染拡大を予防する「働き方」(ワークスタイル)

 在宅勤務(テレワーク)、ローテーション勤務、時差出勤の推進など

自然災害と感染症との「複合災害」への備え(災害文化)

  1. 「新型コロナウイルス感染症に対応した避難所運営ガイドライン」の活用
  2. 複合災害に対応するための事前準備
  • 自然災害と感染症との「複合災害」に備え、避難場所・避難所の確認や避難所での対応等について、事前に準備
  • 避難判断にあたっては、「マイ避難カード」や「ひょうご防災ネット」アプリを活用

新型コロナウイルスの感染拡大を予防する「ひょうごスタイル」の推進(外部サイトへリンク)

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理課  

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5057

ファクス番号:079-559-1254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?