• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 防災 > 防災訓練 > 令和2年度 三田市総合防災訓練の実施

ここから本文です。

令和2年度 三田市総合防災訓練の実施

令和2年度 三田市総合防災訓練を実施します

  未曾有の被害をもたらした阪神・淡路大震災や東日本大震災、昨年は台風15号や台風19号の度重なる上陸により、東日本を中心に大きな被害が発生しました。ここ最近は、毎年のように「いつ」「どこで」自然災害が発生してもおかしくない状況です。
 災害への対応は、迅速な初動対応と関係機関の連携がとても重要となります。
 本市では隔年で実施していた総合防災訓練を、平成28年度から毎年行うこととし、昨年は三輪小学校にて実施し、多くの市民の方に訓練へ参加していただきました。
 今年度は、本庄小学校を会場とし、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止から、本庄地区限定の見学となりますが、新型コロナウイルス等の感染症下における避難所受付を中心としながら、感染症対応資機材(パーティションテント、防災用ベッド等) の展示も行います。また、発災初期の初動対応の確認、各関係機関との連携を重視した訓練を下記のとおり実施します。

令和2年度防災訓練チラシ・表
  ◎令和2年度三田市総合防災訓練ちらし(PDF:3,661KB)

日時

 令和2年11月14日(土曜日) 10時00分~11時30分  ※雨天決行
  ※新型コロナウイルス感染症の状況や気象警報等が発表された際は、中止となります。(中止の場合は、さんだ防災・防犯メール、ハニーFM82.2MHzでお知らせします。)

訓練会場

 三田市立本庄小学校(三田市東本庄1910)

  ※会場周辺に駐車場はありません。

本庄小学校

本庄小学校へのアクセス

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、訓練の見学は、本庄地区の方限定で事前申込が必要となります。

主な訓練・体験内容

本庄小学校

 運動場

  • シェイクアウト訓練 消火訓練3
  • 避難訓練
  • 初期消火訓練
  • 被害状況確認訓練
  • 避難勧告・情報伝達訓練
  • 土のう積み訓練
  • 救出救助訓練

本庄小学校

 体育館

  • 避難所開設・受付訓練 
  • 新型コロナウイルス感染症対応資機材展示(パーティションテント、防災用ベッド等)

展示・体験ブース

  • 水消火器の体験
  • 特殊車両や防災資機材などの展示

 

◎令和2年度三田市総合防災訓練プログラム(PDF:63KB)       

訓練参加協力機関

 三田市消防団、三田警察署、兵庫県阪神北県民局、陸上自衛隊第36普通科連隊、本庄まちづくり協議会、本庄地区区長会、(福)三田市社会福祉協議会、さんだ防災リーダーの会、兵庫県建設業協会三田支部、(株)エフエムさんだ、RUSEA三田支部、消防サポート隊、その他防災関係機関等  【順不同】

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理課  

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5057

ファクス番号:079-559-1254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?