• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > さんだ食育ネット > 【毎月19日は食育の日】 食育コラム > 「日本型食生活」のススメ【食育コラム令和元年11月号】

ここから本文です。

「日本型食生活」のススメ【食育コラム令和元年11月号】

日本型食生活

「日本型食生活」とは、1980年ごろの食生活のことで、ごはんを主食とし、魚、肉、牛乳・乳製品、野菜、海藻、豆類、果物などの多様な副食を組み合わせた栄養バランスに優れた食事です。

1980年代は理想的な食事バランスでしたが、近年はバランスが崩れ、脂質に偏った食事となっています。

グラフ:1965年度のPFC比率  グラフ:1980年度のPFC比率  グラフ:2018年度のPFC比率

農林水産省:食料需給表より作成(外部サイトへリンク) (別ウィンドウで開きます)

注:数値は1980年度のバランス(たんぱく質:13.0%、脂質:25.5%、炭水化物:61.5%)を100とした時の数値

日本型食生活の実践

 日本型食生活を実践するためには、「主食」「主菜」「副菜」をそろえて食べるよう意識すると、栄養バランスが整いやすくなります。すべて揃えることは難しいと感じるかもしれませんが、お惣菜や冷凍食品、レトルト食品などを活用することで、簡単にバランスのよい食事に近づけることができます。 

主食

イラスト:主食になる食品

主菜

イラスト:主菜になる食品

副菜

イラスト:副菜になる食品

ごはん、パン、めん類などで、炭水化物を多く含み、エネルギーのもとになる。

魚や肉、卵、大豆製品などを使った料理で、たんぱく質や脂肪を多く含む。

野菜・海藻・きのこなどを使った料理で、ビタミンやミネラル、食物繊維などを多く含む。

また、主食をごはんにすると、汁物や魚、肉、乳製品、野菜など多様な食材を組み合わせやすく、和洋中どのような味付けにも合うので、栄養バランスが整いやすく、バリエーション豊かな食事になります。さらに、パンや麺など小麦を使った主食よりも、米を主食とした食事のほうが自給率が高く、日本の食糧自給率を支えることにつながります。 

お米を中心とした日本型食生活の実践でバランスのよい食事をしよう! 

11月食育コラム配布用(PDF:275KB)(別ウィンドウで開きます)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?