• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > さんだ食育ネット > 【毎月19日は食育の日】 食育コラム > オーラルフレイル【食育コラム令和2年11月号】

ここから本文です。

オーラルフレイル【食育コラム令和2年11月号】

オーラルフレイルとは?

 「オーラルフレイル」という言葉をご存知ですか?

 「フレイル」とは、身体の衰えを表す用語で、様々な要因によって健康な状態と要介護状態(日常生活でサポートが必要な状態)の中間を意味します。
 その中でもお口の働きが弱まってくることを「オーラルフレイル」といいます。お口のフレイル

 具体的には、

  • 食べこぼしやすくなった
  • 噛む力が弱くなった
  • むせやすくなった
  • 滑舌が悪くなった
  • 口が渇きやすくなった

 などの症状から始まります。
 お口の健康を維持するには口腔ケアが重要です。

お口の体操でいつまでも健口に!

 いつまでも美味しく口から食べるために、「歯」ともう一つ必要なのが「お口の筋肉」です。
 加齢にともない筋肉が弱ってくると、お口の周りの筋肉や舌の動きが悪くなります。
 その予防や改善として「パタカラ体操」を取り入れましょう。食べるために必要な筋肉をトレーニングします。

  •   「パ」 食べ物を口からこぼさないように唇を閉める筋肉を鍛える
  •   「タ」  食べ物を押し潰したり、飲み込むための舌の筋肉を鍛える
  •  「カ」 食べ物をスムーズに食道へ運ぶためののどの筋肉を鍛える
  •  「ラ」 食べ物をのどの奥へと運ぶための舌の筋肉を鍛える

口腔ケアでオーラルフレイルにつながるむし歯や歯周病を予防しましょう

 ご自宅でも出来る方法は

  1. 歯ブラシによる歯磨き 
  2. デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシの併用での歯磨き

 歯の表面や、歯と歯肉の間にある歯周ポケットに付着したプラーク(歯垢)を、歯ブラシなどの清掃用具で取り除きます。
 歯ブラシだけでは、歯と歯の間の汚れなど磨き残しがあるので、デンタルフロス、糸ようじ、歯間ブラシ等も併せて使用しましょう。

かかりつけ医を持ちましょう

  むし歯や歯周病を予防し、お口の健康を維持するためには、定期的に歯科医院でメインテナンスを受ける必要があります。
  かかりつけ歯科医を持ち、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けて、お口の健康管理を続けましょう。 

 毎日の口腔ケアでオーラルフレイル予防!お口の機能を維持・改善しましょう!

 11月食育コラム配布用(PDF:174KB)

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?