• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > さんだ食育ネット > 【毎月19日は食育の日】 食育コラム > 自分に合った食事の仕方【食育コラム平成31年3月号】

ここから本文です。

自分に合った食事の仕方【食育コラム平成31年3月号】

 近年、ライフスタイルの変化に伴い、中食(なかしょく)の機会が増えています。
 中食とは、惣菜やコンビニ弁当などの調理済み食品を自宅で食べることです。

 三田市のアンケート調査では、中食の利用頻度が高い人は、バランスの良い食事をしている頻度が低い傾向があるという結果が出ています。
 市販の食品は便利ですが、利用する際には少し考えて選ぶ必要がありそうです。

グラフ:中食の頻度とバランスのよい食事の頻度

 中食を利用するときはここに注意!~注意が必要なポイントを知って上手に活用しよう~

 市販の惣菜や冷凍食品・レトルト食品・缶詰などは、忙しいときに役立ちます。
 ただし、これらの市販の食品を利用するときは、下記のように注意が必要なポイントがあります。

 ・好きなメニューに偏りがちになる

 ・味付けの濃い物、糖分・塩分・油分のとり過ぎとなる

 ・野菜が不足、栄養バランスが偏るおそれがある

 そのためには、主食・主菜・副菜のバランスを意識して買うことが重要です。(バランスの良い食事について→食育コラム9月号

 栄養バランスを整える上で足りないものを補うために、どのような市販の食品が使えるか見てみましょう。

 〇主食になる食品が足りないときは?イラスト:主食になる食品
 →シンプルなパン(食パンやロールパンなど)、パックご飯 など
 ・市販のおにぎりは塩分や添加物が多く、家で作ったおにぎりと同じではありません。

 主食のはたらき:ごはん・パン・めん類などで、炭水化物を多く含み、エネルギーのもとになる。

 〇主菜になる食品が足りないときは?イラスト:納豆、豆腐、冷凍シーフード、サラダチキン
 →豆腐、納豆、サラダチキン など
 ・魚の缶詰は水煮缶を選びましょう。塩分表示もチェックし、追加の味付けは控えめに。

 主菜のはたらき:魚や肉・卵・大豆製品などを使ったおかずの中心となる料理で、たんぱく質や脂肪を多く含み、血液や筋肉のもとになる。

 〇副菜になる食品が足りないときは?イラスト:冷凍野菜、カット野菜、大根おろし
 →カット野菜や冷凍野菜は、色々な種類の野菜をとるのに活躍します。
 大根おろしをおかずにプラスしても。

 副菜のはたらき:野菜・海藻類などを使った料理で、ビタミンやミネラル・食物繊維などを多く含み、体の調子を整える。

 〇市販のおやつイラスト:お茶・牛乳・ヨーグルト
 ・飲み物は?
 お菓子ではなく、果物や乳製品(プレーンヨーグルトなど)を利用。
 水分補給のための飲み物は、ジュースではなくお茶を選びましょう。お子さんは牛乳でもOK。

 

 市販の食品を選ぶ際の目安になるのが、栄養成分表示です。(栄養成分表示について→食育コラム2月号
 手作りの食事に比べ、市販の食品はエネルギー(カロリー)や塩分が多くなりがちです。
 気づかないうちにエネルギーや塩分をとり過ぎることがないよう、栄養成分表示を見て選びましょう。

 

 中食・外食でも、主食・主菜・副菜をそろえてバランスよく! 

3月食育コラム配布用 (PDF:481KB) (別ウィンドウで開きます)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?