• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > さんだ食育ネット > 【毎月19日は食育の日】 食育コラム > 日本の伝統食を知ろう~おせちを食べよう~【食育コラム平成30年12月号】

ここから本文です。

日本の伝統食を知ろう~おせちを食べよう~【食育コラム平成30年12月号】

 今年も残すところあとわずかです。
 この時期には、伝統的な行事がたくさんあります。
 おせち料理など、行事の日に食べられる特別な料理も、楽しみのひとつではないでしょうか。

 三田市のアンケート調査では、もっともよく取り入れられている行事食はお正月であり、次いで大みそかという結果でした。

イラスト:家庭で取り入れている行事食

 日本の食文化が家庭で取り入れられるよう、知っておくことも大切ですね。

年末年始の行事食

 日本の伝統的な行事食の一部をご紹介します。

 

 〇冬至かぼちゃ

 冬至は、一年の中で最も昼が短い日。平成30年では12月22日が冬至の日に当たります。イラスト:冬至かぼちゃ
 冬至の日にはかぼちゃを食べる習慣があります。かぼちゃは夏にとれる野菜ですが、どうして冬至の日に食べるのでしょう?
 現在では年間を通して、さまざまな野菜が手に入るようになりましたが、昔は冬に食べられる野菜は限られていました。そんな中で、長い間保存ができるかぼちゃは、野菜の少ない冬の貴重な栄養源でした。
 冬至の日に栄養豊富なかぼちゃを食べるのは、寒い冬を乗り切るための知恵だったのかもしれません。

 

 〇年越しそばイラスト:年越しそばを食べる家族

 12月31日、大みそかの夜に食べるそばのことを年越しそばといいます。
 そばを食べる理由には、そばが細く長く伸びることから「長生きできることを願う」、逆にそばが切れやすいことから「その年の災いを断ち切る」といった説があります。

 

 〇おせち料理 

 おせち料理は、新しい年を迎えるお祝いの料理。
 内容は地域によってさまざまな特徴がありますが、縁起をかつぐ料理があるのは共通しているようです。
 みなさんの家庭では、どんなおせち料理がありますか? 

 

イラスト:おせち料理

 えび  腰が曲がるまで長生きできる
 鯛  「めでたい」より
 昆布  「よろこぶ」より
 黒豆  まめに暮らす
 数の子  子孫繁栄
 田作り  豊作祈願
 レンコン  先の見通しを明るく
 ごぼう  しっかり根を張って暮らす
 里芋  子宝にめぐまれる
 くわい  芽が出るように

 

おせち料理を作る理由

 おせちは日持ちのする料理で作られます。
 これは、「お正月の間、料理をせずゆっくり家族で過ごすため」、「正月にお店が休みになり、食材が手に入らなくなることに備えるため」、「年神様を迎えるにあたり、音を立てることや火を使うことを慎むため」など、いろいろな理由が考えられています。

 イラスト:おせちを囲む家族

 日本の行事食は、家庭や地域で受け継がれてきた伝統的な食文化を、次世代へ伝えていく役割も果たしているのですね。
 来年のお正月は、おせち料理の意味を思い出しながら、家族や仲間と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 素敵な新年を迎えましょう!

 12月食育コラム配布用 (PDF:1,410KB) (別ウィンドウで開きます)

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?