• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > さんだ食育ネット > 【毎月19日は食育の日】 食育コラム > よく噛んで食べよう【食育コラム平成30年11月号】

ここから本文です。

よく噛んで食べよう【食育コラム平成30年11月号】

 11月8日は「いい歯の日」です。イラスト:健康な歯

 噛むことは、歯の健康、そして全身の健康に深く関わっています。
 忙しい毎日、たまには食事の時間をゆっくりとって、よく噛んで味わってみませんか。

噛むとからだに嬉しい効果

 よく噛んで食べることで得られる効果は、実はこんなにたくさん!
 頭文字を取って、「ひみこの歯がいーぜ」と覚えましょう。
イラスト:よく噛む人
 ・ひ : 「肥満予防」 早食いを防止し、食べ過ぎを防ぎます

 ・み : 「味覚の発達」 食べ物本来の味がよく分かるようになります

 ・こ : 「言葉の発音」 あごの発達、歯並びが良くなり、正しい発音ができます

 ・の : 「脳の発達」 あごの筋肉を動かすことで脳に刺激がいき、脳の働きを活発にします

 ・は : 「歯の病気予防」 歯周炎などの病気を防ぎます

 ・が : 「がん予防」 唾液がよく出ることで、発がん物質の発がん作用を消す働きがあります

 ・い : 「胃腸の働きを促進」 消化液の分泌をよくして、消化吸収を助けます

 ・ぜ : 「全身の体力向上と全力投球」 歯並びのいい歯・虫歯のない歯は、ぐっと噛みしめて力を発揮できます

よく噛む習慣をつけるには?

 数回しか噛まずに飲み込む「早食い」や、飲み物で流し込んで食べる「流し食べ」の癖がついていませんか。
 普段の食事に噛みごたえのある食材を取り入れて、よく噛む習慣をつけましょう。イラスト:食物繊維が多い食べ物

 ・かたいもの、弾力があるもの、繊維質が多いものを食べる
     根菜類(ごぼうや大根、にんじん など)、きのこ類、海藻類、骨まで食べられる魚、イカ・タコ など
 ・皮つきのまま使う
     じゃがいも、さつまいも、りんご など
 ・食材は大きめに切る
     例えば、薄く小さくではなく乱切りに

 ただし、咀嚼力が落ちている場合や小さなお子さんには、噛む力に合わせて大きさやかたさを調整しましょう。

 

  ひとくち30回噛むことを目標に。
  または「飲み込む前にあと5回噛む」、「食事時間を5分長くする」などを意識しよう!

 11月食育コラム配布用 (PDF:622KB) (別ウィンドウで開きます) 

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?