• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 相談・訪問 > 新生児訪問

ここから本文です。

新生児訪問

生まれたばかりの赤ちゃんの発育発達や健康状態、産後のお母さんの健康状態や母乳のこと、また、育児に関する様々なことについて、訪問により保健師や助産師がご相談をうかがいます。また、三田市の乳幼児健診や予防接種についてもご案内しますので、特にお一人目の赤ちゃんの場合などは、ぜひ、ご利用ください。また、生まれたときの体重が2,500g未満の赤ちゃんの訪問は、保健師、助産師が優先してうかがいます。

対象

 

おおむね、生後2か月までの赤ちゃんがいる家庭が対象です。(ただし、生後4か月まではご利用いただけます。)

 

実施内容

  • 赤ちゃんの身体計測(体重・頭囲・胸囲)
  • 赤ちゃんの発育発達や生まれたばかりの赤ちゃんが罹りやすい病気など健康状態を確認し、ケアなどのご相談をうかがいます。
  • お母さんの産後の健康状態などのご相談をうかがいます。
  • 育児の方法や環境づくりのアドバイス、三田市の乳幼児健診や予防接種のご案内をいたします。

主に子育てに役立つ情報が知りたい場合などはこちらをご覧ください。

訪問の時期

おおむね生後2か月までにうかがいます。

里帰り出産などでしばらくご不在の場合でも、生後4か月まではご利用できます。

費用

 無料です。

訪問までの流れ

  1. 出生届出時に三田市出生連絡票を配付いたします。赤ちゃんが生まれたら、三田市出生連絡票をご記入のうえ、下記のいずれかの窓口にご提出ください。この連絡票は『低体重児届出書(三田市母子保健規則第2条関係)』を兼ねます。出生時体重が2,500g未満の赤ちゃんは、必ずご提出ください。転入等で三田市出生連絡票がない場合は、こちら赤ちゃん訪問連絡票(エクセルxlsx:28KB)をご利用ください。
  2. 後日、訪問にうかがう保健師又は助産師よりご連絡し、訪問日時のご相談・決定をいたします。ご都合のよい日時をご相談ください。
  3. 訪問日時の決定後、ご都合が悪くなり変更をご希望される場合は、健康増進課にご連絡ください。
  4. ご指定の日時に、保健師又は助産師がうかがいます。
  5. 里帰り先などでの訪問をご希望の場合、滞在先の市町村に依頼することで対応できる場合があります。まずは、健康増進課にご相談ください。
  6. 出生連絡票の提出がない場合は、生後3か月頃に直接ご家庭にお伺いさせていただきます。(事前にご連絡いたします。)

提出窓口

 「赤ちゃん訪問連絡票」は、下記のいずれかの窓口にてご提出ください。

 

窓口 場所 受付時間

健康増進課

三田市総合福祉保健センター2階

月曜日から金曜日(土・日・祝日を除く)

9時から17時30分 

 郵便・FAXによる受付可 

子ども政策課 三田市役所本庁舎2階

月曜日から金曜日(祝日除く)

9時から17時30分

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?