• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康づくり > 熱中症に注意しましょう!

ここから本文です。

熱中症に注意しましょう!

例年以上に熱中症に注意しましょう

 

新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は一人ひとりが感染防止の3つの基本である、1.身体距離の確保 2.マスクの着用 3.手洗いや「3つの密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた、新しい生活様式を実践することが求められています。

このように、今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、一方で例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。

しかし、熱中症は予防方法を知っていれば防ぐことができます。

十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

熱中症予防行動の留意点

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  1.  マスク着用時の注意点
    夏期の気温・湿度が高い中でのマスク着用は注意が必要です。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
    また、マスクを着用している時は、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分を補給し、周囲の人と距離を十分にとれる場所では、適宜マスクをはずして休憩をしましょう。
  2. 冷房使用時の注意点
    感染症予防のため、冷房時でも換気扇の使用や窓開放により、換気を行いましょう。
    この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  3. 日頃から健康管理をしましょう
    日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。
    体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。
  4. 高齢者、子ども、障がい者は特に注意を
    高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方から目配り、声掛けをするようにしましょう。

従来からの熱中症予防行動の徹底

  1. 暑さを避けましょう
    ・温湿度計で室温を正しく測定し、冷房使用時の室温は「28℃」を目安に、適切な温度になるようにしましょう。
    ・涼しい服装を心掛け、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。
    ・少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給してください(急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で身体を動かす際には特に注意が必要です)。
  2. こまめに水分補給をしましょう
    ・のどが渇く前からの、こまめな水分補給を意識しましょう。一般的に、食事以外に1日当たり1.2Lの水分摂取が目安とされています。
    ・運動時や大量に汗をかいたときは、塩分も忘れずに補給しましょう
    ※0.1~0.2%の塩分を含んだ飲料が有効です。
       (スポーツドリンクの場合は100ml中ナトリウムが40~80mg含まれているものが目安)  
  3. 暑さに負けない身体をつくりましょう
    ・暑くなり始めの時期から適度に運動(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で、毎日30分程度)を心掛け、身体が 暑さに慣れるようにしましょう(※ただし、その際は水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施してください)。
    ・栄養バランスに気をつけ、規則正しい食生活を心がけましょう
    ・十分な睡眠をとりましょう
  4. 暑さ指数を確認しよう
    暑さ指数とは、熱中症のなりやすさを示した指標です。暑さ指数が28℃を超えると、急に熱中症患者が増えることがわかっています。
    三田市の暑さ指数は、環境省熱中症予防情報サイトより確認できます。
    毎日、暑さ指数を確認し、外出や作業の参考にしましょう。

熱中症の症状

  1. 軽症
    めまい、立ちくらみ、こむら返り、汗が止まらない
  2. 中等症
    頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、ぼーっとする
  3. 重症
    意識がない、けいれん、体温が高い
    呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない

※「長時間暑い場所で過ごした」「水分補給が十分にできなかった」など、適切な熱中症予防対策ができず、上記のような症状が出現した場合は、以下の対応を行ってください。

※熱中症と新型コロナウイルス感染症は「体のだるさ」「頭痛」「体温が高い」など、似たような症状があると考えられます。
    適切な熱中症予防対策を行ったにもかかわらず症状が出現した場合など、対応の判断に迷う場合は、かかりつけ医や帰国者・接触者相談センターへご相談ください。

もしも、熱中症かな?と思ったら

  1. 軽症(めまい、立ちくらみ、こむら返り、汗が止まらない)
    →涼しい場所に移動し衣服をゆるめ、身体を冷やし、水分と塩分を補給しましょう
  2. 中等症(頭痛、吐き気、体がだるい、ぼーっとする)
    →涼しい場所へ移動し身体を冷やしても、自分で水分・塩分をとれないときは、すぐに病院へ行きましょう
  3. 重症(意識がない、けいれん、高い体温である) 
    →水や氷で身体を冷やし、すぐに病院に行くか、救急車を呼びましょう

※身体の冷やし方
    首やわきの下、太もものつけ根を冷たいタオルやペットボトル、保冷材などで冷やしましょう

啓発チラシ、リーフレット

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?