• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康づくり > 働き盛り世代のあなたへ

ここから本文です。

働き盛り世代のあなたへ

あなたの「健康」、後回しになっていませんか?

家庭や仕事、子育て、介護…

働き盛り世代の方は、日常生活が忙しく、ご自身の健康が後回しになってしまうことがあります。

しかし、日常生活を送るためにも、健康は非常に大切です。

また、今の生活だけでなく、将来の生活を考え、健康づくりに取り組みましょう。

このページでは、今日から始められる健康ポイントをお伝えします。

Point 1 健診を受診しましょう

健康のためには、まずご自身の身体を知るところから始めましょう。

特に高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、自覚症状がないまま進行し、脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を引き起こす可能性があります。

体重や身長、血圧は、ご自宅でも測定することができますが、血糖値やコレステロール値などは血液検査でないと測定することができません。

医療機関で治療が必要となる前に、健診を受診して、生活習慣を見直すきっかけにしましょう。

また、職場などで毎年受診している方は、健診結果を見直してみてください。

三田市の健診

三田市では、特定健診やがん検診などの各種検診を実施しています。

下記のページより、対象者等を確認し、受診可能な健(検)診をぜひ受診してください。

Point 2 日常生活の中に運動を取り入れましょう

 「時間がない」「場所がない」「なにをしたらいいかわからない」、そのような理由で運動を避けていませんか?

まずは、今より1日10分多く、日常生活で身体を動かすことを目指しましょう。

仕事の時間でできること

  • 電車やバスで通勤している方は、一駅分徒歩に変えてみる
  • 駅や会社では、エレベーターを使わず階段を使う
  • 休憩時間にストレッチを行う
  • 毎日運動できないときには、週末を積極的に利用する

日常生活でできること

  • 掃除、洗濯、調理をしながら使っている筋肉を意識する
  • 車より自転車、自転車より徒歩で移動する
  • エレベーター、エスカレーターを使わず、階段を積極的に利用する
  • テレビを見ながらなど、隙間時間に筋トレやストレッチを行う
  • 「体重を減らす」「運動する」など、目標を家族や友人に宣言する

Point 3 バランスの良い食事を心がけましょう

「日々の忙しさで食事が偏りがち…」「簡単な食事で済ませてるけど大丈夫かな」などと思うことはありませんか?

私たちは毎日様々な食べ物をとることで、健康を維持し、元気に活動することができています。食べ物に含まれる栄養素を偏りなくとるためにも、日々の食事が大切となってきます。

栄養バランスを整える基本

栄養バランスのよい食事の基本は、「主食・主菜・副菜」が揃っていることです。
これらがそろっていると、そろっていないときに比べ、自然とバランスがよくなり、様々な栄養素をとることができます。

主食

ごはん、パン、めん類などで、炭水化物を多く含む。 
エネルギー(熱や力)のもとになる。

主菜

魚や肉、卵、大豆製品などを使った料理で、タンパク質や脂肪を多く含む。 
タンパク質は、血や肉など身体をつくるもとになる。

副菜

野菜・海藻・きのこなどを使った料理で、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む。
主食と主菜に不足する栄養素を補い、体の調子を整える。

普段の食事のほか、外食や惣菜を利用するときも「主食・主菜・副菜」を意識して揃えましょう。

食に関する情報として、毎月19日に食育コラムを掲載していますので、下記のページをご覧ください。

Point 4 あなたのリラックス方法を見つけましょう

日常の忙しさの中で、リラックスする時間を持てていますか?

健康には、身体の健康だけでなく、心の健康も大切です。ストレスは、嫌なことがあるときだけ起きるものではなく、暑さ寒さなどの環境や、結婚や出産、就職、退職など、人生の節目にも起こります。それが上手に解消できないことにより、胃潰瘍や高血圧など身体に影響ができたり、うつ病をはじめとする精神疾患につながることがあります。

ストレスを0にすることはできませんが、ストレスと上手に付き合っていくことが必要です。

ストレス解消方法

あなたは、「ストレス解消にはこれをする」といったものはありますか?

重要なのは、「これしかない」と一つの選択肢だけでなく、複数の選択肢を持っておくことです。一つの選択肢しかない場合、もしそれができなくなってしまった場合、よりストレスが溜まってしまう可能性があります。「今日はこれをしよう」「今日はこれができないからあれにしよう」など複数の中から選べるようにしておきましょう。

また、リラックスできる方法は、人によって異なります。以下は例になるので、例をヒントにしながら自分にあったものを探しましょう。

(例)

  • 運動やスポーツをする
  • 料理をする
  • 買い物に出かける
  • 友達と出かける
  • よく睡眠をとる
  • おいしいごはんを食べる
  • 本を読む
  • 映画を見る
  • 旅行に行く

ただし、ストレス解消で要注意なものがあります。過剰に食べてしまう、多量飲酒、喫煙は、ストレス解消としてよく聞くものですが、身体に悪影響を及ぼすためこれらは避け、別のものでストレスを解消できるようにしましょう。

誰かに相談しましょう

つらい、しんどい、苦しいと感じたときは、誰かに相談することも大切です。家族や友人、同僚に相談に相談することも大切ですが、身近な人には相談したくないというときには、専門の相談窓口に相談するという選択肢もあります。

「これくらいで…」「大げさじゃないか」と思わずに、ぜひ専門の相談窓口を活用してください。

相談窓口は下記のページからご覧ください。

健康もお得もゲットしよう!~三田いきいきマイレージ~

「三田いきいきマイレージ」をご存知ですか?

三田市は、市民のみなさんが、楽しみながら健康づくりを始めたり、継続することができるように、健診受診や運動など、健康づくりに取り組むことでポイントが貯まり、一定のポイントを貯めた方がそのポイントと特典に交換できる「三田いきいきマイレージ」という取り組みを行っています。

100ポイント達成すると、お米券や協賛企業サービスクーポンと交換することができます。

詳細については、下記のページをご覧ください。

事業主の皆さまへ

近年、「健康経営」が注目されています。「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経済的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

そこで、三田市では、従業員等の健康管理のお手伝いをさせていただくため、「働き盛り世代向け健康出張セミナー」を実施しています。保健師や管理栄養士が事業所等まで伺い、セミナーを開催させていただきます。

内容は、事前に打ち合わせをさせていただき、それぞれの健康課題に合わせて行います。

また、セミナーは打ち合わせを含めて無料で行わせていただきますので、ぜひ活用ください。

詳細につきましては、以下のページからご覧ください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-6155

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?