• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 都市形成 > 開発行為 > 都市計画法施行条例に係る許可基準

ここから本文です。

都市計画法施行条例に係る許可基準

主旨

 市街化調整区域においては、都市計画法第43条の規定により、建築・開発行為が制限されていますが、平成12年度に都市計画法が一部改正(平成13年5月18日施行)されたことにより、各自治体の実情に応じ、条例で区域又は予定建築物の用途を指定したもの(法第34条第12号)については建築・開発行為が可能となりました。

 この条例は、三田市都市計画マスタープランにおける土地利用の基本方針に基づいて、市街化調整区域の周辺環境に調和した適切な建築・開発行為の誘導を図るため、また、開発許可基準の明確化及び開発許可手続きの迅速化、簡素化を図るために制定されています。

都市計画法施行条例に係る許可基準(PDF:1,082KB)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部都市政策室審査指導課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5112

ファクス番号:079-559-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?