• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > ごみ・リサイクル・し尿 > マイバッグ・レジ袋削減 > 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会

ここから本文です。

三田市レジ袋ゼロ推進懇話会

 三田市では、平成20年度に「三田市レジ袋ゼロ推進懇話会」を立ち上げ、市民、事業者、行政の三者の協働により地球温暖化防止及び循環型社会の形成に向け、次世代によりよい地球環境を引き継ぐことを目的に、レジ袋の削減に取組んでいます。 

 レジ 袋削減協定締結事業者(13事業者20店舗)からの報告による、平成30年度実績及び平成21年度からの累計は以下の表のとおりです。

 

平成30年度実績

平成21年度からの累計

レジ袋削減枚数

8,834,598 枚

87,495,823 枚

二酸化炭素削減量※1

538,910 kg

5,337,245 kg

原油削減量※2

161,673 ℓ

1,601,174 ℓ

 

※1 レジ袋1枚の製造・焼却にかかる二酸化炭素排出量は約61gです。

        平成30年度実績を自家用自動車の年間排出量で換算すると約297台分に相当します!! 乗用車

 

 ※2 レジ袋1枚に使用される原油量は約18.3mlです。                               ペットボトル画像

    平成30年度実績を500mlペットボトル1本あたりの製造にかかる原油量で換算すると約32万本分に相当します!!    

    皆さん、ご協力ありがとうございます。引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

三田市レジ袋ゼロ推進懇話会規約(PDF:140KB)

 

こんなことからはじめよう!

懇話会の活動内容

令和元年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会(令和元年11月18日月曜日)

 令和元年11月18日に令和元年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、協定締結事業者の平成30年度のレジ袋削減実績と平成30年度から令和元年度上半期までの啓発活動等の取り組みについて報告を行いました。平成30年度の削減効果は下記のとおりです。

 令和2年7月からはじまるレジ袋有料化義務化に伴い、各協定締結事業者の有料化後の対応や協定内容の見直しについて、情報交換を行い、有料化義務化前に意見交換の場を設けることとなりました。また、レジ袋削減協定締結事業者及びレジ袋削減協力事業者の拡大にも取り組んでまいります。啓発ポスターの更新、啓発キャンペーンについては継続して行ってまいります。

なお、三田市レジ袋ゼロ懇話会規約第6条の変更が承認されました。

平成30年度レジ袋削減枚数8,834,598枚

これにより、539トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、162リットルもの原油の節約につながりました。

 

議題

  1. 平成30年度のレジ袋削減実績報告
  2. 取り組み内容の報告
  3. 今後の取り組み案
  4. その他

 会議録・会議資料

平成30年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会(平成30年10月15日月曜日)

平成30年10月15日に平成30年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、協定締結事業者の平成29年度のレジ袋削減実績と平成29年度から平成30年度上半期までの啓発活動等の取組みについて報告を行いました。平成29年度の削減効果は下記のとおりです。

また、今後の取組みとして、啓発ポスターの更新、啓発キャンペーン継続の提案について話し合いました。

なお、同日、懇話会規約上の会長任期(2年)満了に伴う選任を行い、現会長の再任を決定しました。

 

平成29年度レジ袋削減枚数8,949,073枚

これにより、545トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

 また、163リットルもの原油の節約につながりました。

 

 議事

  1. 平成29年度のレジ袋削減実績報告
  2. 取り組み内容の報告
  3. 今後の取り組み案
  4. その他

会議録・会議資料

 

平成29年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会(平成29年10月25日水曜日)

平成29年10月25日に平成29年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、協定締結事業者の平成28年度のレジ袋削減実績と平成28年度から平成29年度上半期までの啓発活動等の取組みについて報告を行いました。平成28年度の削減効果は下記のとおりです。

また、今後の取組みとして、啓発ポスターの更新、啓発キャンペーン継続の提案について話し合いました。

平成28年度レジ袋削減枚数8,710,236枚

これにより、531トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、159リットルもの原油の節約につながりました。

 

議事

  1. 平成28年度のレジ袋削減実績報告
  2. 取り組み内容の報告
  3. 今後の取り組み案
  4. その他

会議録・会議資料

 

平成28年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会(平成28年10月12日水曜日)

平成28年10月12日に平成28年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、協定締結事業者の平成27年度のレジ袋削減実績と平成27年度から平成28年度上半期までの啓発活動等の取組みについて報告を行いました。平成27年度の削減効果は下記のとおりです。

また、今後の取組みとして、啓発ポスターの更新と各協定締結事業者への配布の実施、次年度のマイバッグキャンペーン実施について確認しました。

なお、同日、懇話会規約上の会長任期(2年)満了に伴う選任を行い、現会長の再任を決定しました。

平成27年度レジ袋削減枚数 8,499,563枚 

これにより、518トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、155キロリットルもの原油の節約につながりました。

 

議事

  1. 平成27年度のレジ袋削減実績報告
  2. 取組み内容の報告
  3. 今後の取組み案
  4. その他

会議録・会議資料 

 

平成27年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会(平成27年10月7日水曜日)

平成27年10月7日に平成27年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会ではレジ袋削減協定を締結しレジ袋の削減に取組んでいる事業者の平成26年度レジ袋削減実績について報告を行いました。その削減効果については下記のとおりです。

また、今後の取組みとして、JR三田駅と駅前商業施設「キッピ―モール」をつなぐペデストリアンデッキにてマイバッグキャンペーンを実施することなどについて話し合いました。 

  

平成26年度レジ袋削減枚数 8,168,751枚 

これにより、498トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、149キロリットルもの原油の節約につながりました。

議事

  1. 平成26年度のレジ袋削減実績報告
  2. 取組み内容の報告
  3. 今後の取組み案
  4. その他

ページの先頭へ戻る

 平成26年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成26年10月15日水曜日) 

平成26年10月15日に平成26年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、懇話会の規約の作成や会長の選任について話し合うとともに、レジ袋削減協定を締結しレジ袋の削減に取組んでいる事業者の平成25年度レジ袋削減実績の報告を行いました。その削減効果については、下記のとおりです。

また、今後の取組みとして、市内の学校に啓発ポスターの掲示を依頼することを決定しました。

平成25年度レジ袋削減枚数 7,423,255枚

これにより、452.8トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、135.8キロリットルもの原油の節約につながりました。

議事

  1. 懇話会規約について
  2. 会長の選任について
  3. 平成25年度レジ袋削減実績報告
  4. 取組み内容報告
  5. 今後の取組みについて 

ページの先頭へ戻る

平成25年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成25年10月23日水曜日)

平成25年10月23日に平成25年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。
懇話会ではレジ袋削減協定を締結しレジ袋の削減に取組んでいる事業者の平成24年度レジ袋削減実績について報告を行いました。その削減効果については下記のとおりです。

また、今後の取組みとして、JR三田駅前のコンビニエンスストア前にてマイバッグキャンペーンを実施することなどについて話し合いました。

 

平成24年度レジ袋削減枚数 7,477,427枚

これにより、456トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、136.8キロリットルもの原油の節約につながりました。

議事 

  1. 平成24年度レジ袋削減実績報告
  2. 取組み報告(平成24年度以降)
  3. 今後の取組みについて

ページの先頭へ戻る

平成24年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成24年8月1日水曜日)

平成24年8月1日に平成24年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では協定を締結しレジ袋の削減に取組んでいる事業者の平成23年度レジ袋削減実績について報告を行いました。その削減効果については下記のとおりです。

また、今後の取り組みとして、啓発チラシを市内のコンビニエンスストアに掲示していただくよう依頼することなどについて話し合いを行いました。

 

平成23年度レジ袋削減枚数 10,086,764枚

これにより、615トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、185キロリットルもの原油の節約につながりました。

議事

  1. 平成23年度レジ袋削減実績報告
  2. 平成23年度取り組み報告
  3. 今後の取り組みについて

ページの先頭へ戻る

平成23年度 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成23年8月11日木曜日)

平成23年8月11日に平成23年度三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会ではレジ袋削減協定を締結しレジ袋の削減に取組んでいる事業者の平成22年度レジ袋削減実績について報告を行いました。その削減効果については下記のとおりです。

また、今後、協定未締結事業者や新規開業事業者にもレジ袋削減に向けて働きかけを行うとともに、市民の皆さまに広くレジ袋の削減効果を広報し、更なる取組みの拡大に向けて啓発していくことを確認しました。

 

平成22年度レジ袋削減枚数 10,093,855枚

これにより、615.7トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、184.7キロリットルもの原油の節約につながりました。

 

議事

  1. 平成22年度レジ袋削減実績報告
  2. 平成22年度取り組み報告
  3. 今後の取り組みについて
  4. その他   

ページの先頭へ戻る

平成22年度第2回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成22年9月21日火曜日)

平成22年9月21日に平成22年度第2回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

平成21年9月にレジ袋削減協定を締結した株式会社キリン堂様より、協定内容見直しのお申し出があり、懇話会にて承認されました。

これを受け、より一層市民啓発に力を入れていくことを懇話会において確認し、今年度の啓発内容について話し合いました。

議事

  1. (株)キリン堂にかかる協定書の見直しについて
  2. レジ袋削減にかかる啓発活動について(案)

ページの先頭へ戻る

平成22年度第1回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成22年5月27日木曜日)

 平成22年5月27日に平成22年度第1回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

平成20、21年度にレジ袋削減協定を締結した事業者による「平成21年度レジ袋削減実績報告」が行われ、その効果については、下記のとおりです。

また、今年度の懇話会における取り組みについて話し合いました。実績値にも表れているとおり、一定の広がりをみせたレジ袋削減事業について、今年度は、よりマイバッグ持参が定着するよう、皆さんにご協力いただいて削減したレジ袋の削減効果などをポスターなどで周知し、啓発していくこととしました。

 

レジ袋削減枚数 9,252,301枚

これにより、564トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、169キロリットルもの原油の節約につながりました。

※平成21年3月から平成22年2月の間に、市内10店舗で、レジ袋の無料配布を中止するなどした効果です。

議事

  1. レジ袋無料配布中止にかかる実績報告について
  2. レジ袋削減活動にかかる報告事項について
  3. 平成22年度 懇話会の取り組みについて

ページの先頭へ戻る

平成21年度第3回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成21年12月10日木曜日)

平成21年12月10日に平成21年度第3回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

平成21年9月時点でレジ袋削減協定を締結した事業者は9事業者となり、各事業者それぞれの取組みや無料配布中止に伴うレジ袋削減効果をご報告いただきました。その削減効果は下記のとおりです。

また、協定を締結した一部事業者より、レジ袋を販売することで得られた収益金について、市へ寄附したいとの申し出があったため、その取扱いを決定しました。

 

レジ袋削減枚数 3,428,918枚

これにより、209トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、63.7キロリットルもの原油の節約につながりました。

※平成21年3月から8月までの市内5店舗でのレジ袋無料配布を中止した効果です。

 議事

  1. レジ袋無料配布中止にかかる実績報告について
  2. レジ袋無料配布中止に伴う収益金の取扱い(案)について
  3. クリーニング店及び調剤薬局における啓発について
  4. 来年度以降の懇話会の取組み(案)について

ページの先頭へ戻る

平成21年度第2回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成21年9月3日木曜日)

平成21年9月3日に平成21年度第2回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、新たに4事業者とレジ袋削減協定を締結し、うち2事業者においては10月からレジ袋の無料配布が中止され、その他の2事業者においては、値引きやポイント制による取り組みが強化されることとなりました。

議事

  1. 事業者ワーキングの報告及び今後の取り組み(案)について
  2. レジ袋削減に向けた協定締結(案)について
  3. マイバッグキャンペーンについて

ページの先頭へ戻る

平成21年度第1回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成21年4月23日木曜日)

平成21年4月23日に平成21年度第1回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

平成20年8月に懇話会が発足し、市民、市民団体、事業者、行政で協議を重ねてきた結果、平成21年3月には市内4事業者において新たにレジ袋の無料配布が中止され、3月の1か月間だけでも、下記のような効果があったことを報告しました。

 

レジ袋削減枚数 439,945枚

これにより、27トンもの二酸化炭素の排出量を削減することができました。

また、8,051リットルもの原油の節約につながりました。

※平成21年3月に市内4店舗でレジ袋の無料配布を中止した効果です。

 議事

  1. これまでの懇話会における経過について
  2. レジ袋無料配布中止にかかる近況報告について
  3. マイバッグキャンペーンについて
  4. レジ袋削減に向けた今後のスケジュール(案)について
  5. その他 

ページの先頭へ戻る

 平成20年度第3回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成20年11月25日火曜日)

平成20年11月25日に平成20年度第3回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、12月に事業者と懇話会、市の間で協定書を取り交わし、平成21年3月から新たに市内4店舗でレジ袋の無料配布を中止することが決定しました。 

議事 

  1.  マイバッグキャンペーン実施状況報告について
  2. 事業者ワーキングの報告について
  3. レジ袋削減に向けた協定締結について
  4. 今後のスケジュールについて

ページの先頭へ戻る

平成20年度第2回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成20年9月17日水曜日)

平成20年9月17日に平成20年度第2回三田市レジ袋ゼロ推進懇話会を開催しました。

懇話会では、第1回懇話会で出された様々な意見や提案をもとに、レジ袋削減に向けて「レジ袋の無料配布中止」を柱に進めていくこと、中でも使用量が多いとされる「食品スーパーから先行実施」していくことが方向付けされました。 

 議事

  1. 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会の今後の報告性について
  2. マイバッグキャンペーンの実施内容(案)について
  3. 今後のスケジュール(案)について  

ページの先頭へ戻る

平成20年度第1回 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会 (平成20年8月7日木曜日) 

平成20年8月7日木曜日、市民、市民団体、事業者、行政から成る「三田市レジ袋ゼロ推進懇話会」が発足しました。

それぞれの立場で意見を出し合い、情報を共有するなど、三者協働による「レジ袋削減」に向かって進みはじめました。 

議事 

  1. 三田市レジ袋ゼロ推進懇話会の今後の報告性について
  2. マイバッグキャンペーンの実施内容(案)について
  3. 今後のスケジュール(案)について
  4. 取組みについて

ページの先頭へ戻る

 
 
 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室環境創造課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5080

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?