• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 介護保険料について(平成30~令和2年度)

ここから本文です。

介護保険料について(平成30~令和2年度)

介護保険について

○介護保険とは
高齢者の介護を社会全体で支える制度です。

○保険者(運営主体)
介護保険の運営は市町村単位で行われており、保険者は三田市となります。

○被保険者(加入者)
三田市内に住所がある40歳以上の市民です。年齢により2つの区分に分かれます。
・第1号被保険者…65歳以上の市民
・第2号被保険者…40歳以上65歳未満の医療保険加入者

 

○保険給付の財源
概ね半分を公費(国・県・市の負担金)、残り半分を加入者が納める保険料によって賄います。

<第7期介護保険事業計画期間(平成30~令和2年度)における財源構成> 
財源構成 

第7期介護保険料(平成30~令和2年度)について

第1号被保険者(65歳以上の人)

65歳以上の人の介護保険料は三田市の介護サービスにかかる費用をもとに、3年毎に見直しを行いますが、平成30年度が改定の時期にあたります。市では、平成30~令和2年度(第7期)の「基準額」を67,450円(年額)と算定しました。一人ひとりの保険料は、この基準額をもとに所得段階に応じて決定されます。

  基準額計算

令和元年度(平成31年度)介護保険料

保険料段階

対象者

料率

年額保険料

第1段階

生活保護受給者・老齢福祉年金受給者であって世帯全員が住民税非課税の人、世帯全員が住民税非課税で本人の課税年金収入と合計所得金額(※1)の合計が80万円以下の人

基準額×0.375 (※2)

 

25,290円

(※2)

第2段階

世帯全員が住民税非課税で、本人の課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円超120万円以下の人

基準額×0.5625 (※2)

37,940円

(※2)

第3段階

世帯全員が住民税非課税で、本人の課税年金収入と合計所得金額の合計が120万円超える人

基準額×0.725 (※2)

48,900円

(※2)

第4段階

世帯の中に住民税課税の人がいるが、本人は住民税非課税で、課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円以下の人

基準額×0.9

60,700円

第5段階

世帯の中に住民税課税の人がいるが、本人は住民税非課税で、課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円を超える人

基準額

67,450円

第6段階

本人が住民税課税で、合計所得金額が125万円未満の人

基準額×1.2

80,940円

第7段階

本人が住民税課税で、合計所得金額が125万円以上200万円未満の人

基準額×1.3

87,680円

第8段階

本人が住民税課税で、合計所得金額が200万円以上300万円未満の人

基準額×1.5

101,170円

第9段階

本人が住民税課税で、合計所得金額が300万円以上400万円未満の人

基準額×1.7

114,660円

第10段階

本人が住民税課税で、合計所得金額が400万円以上600万円未満の人

基準額×1.9

128,150円

第11段階

本人が住民税課税で、合計所得金額が600万円以上の人

基準額×2.1

141,640円

(※1)合計所得額:所得とは、収入から必要経費などを控除した額です。公的年金収入の場合は、「公的年金収入額―公的年金控除額」で所得額を計算します。(公的年金控除額は公的年金収入額によって額が決まっています。)

繰越損失がある方は、損失分を差し引く前の金額です。

なお、平成30年4月1日以降は、介護保険料の判定に用いる合計所得金額について、長期譲渡所得および短期譲渡所得に係る特別控除額を控除することになりました。また、第1~第5段階の人は年金収入に係る所得額も控除します。

(※2):社会保障と税の一体改革の一環として消費税の増税分を財源として低所得者の保険料の軽減が実施されます。令和元年度(平成31年度)は第1段階、第2段階、第3段階が軽減となります。表中の料率・保険料額は軽減後の数字です。

 第2号被保険者(40歳から64歳までの医療保険加入者)

加入している医療保険毎の保険料算定方法により保険料が決定されます。 

保険料の納め方

65歳以上

第1号被保険者

  • 年金が年額18万円以上の人については、年金からの天引き(特別徴収)と
      なります。 (※)
  • 年金天引きにならない人については、口座振替や納付書払い(普通徴収)と
      なります。  (7月~翌年3月の年9回)

40歳~64歳

 第2号被保険者

国民健康保険等加入している医療保険の保険料と合わせて納付します。

※年金を18万円以上受給されている人でも、新たに65才になられた人、他市町村から転入された人についてはしばらくの間は特別徴収となりません。

保険料の減免

災害などの特別な事情や恒常的な低所得により、納付が著しく困難な人を対象とした申請による減免制度を設けております。
申請方法など詳しいことについては、下記までお問い合わせください。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室介護保険課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5077

ファクス番号:079-563-1447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?