• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 随意契約 > 平成30年度 (随意契約) > 平成30年度随意契約(こども支援課)

ここから本文です。

平成30年度随意契約(こども支援課)

随意契約結果表

担当課名

こども支援課

案件名 

 三田市病児・病後児保育事業業務委託

案件の概要

 病気やけがの治療中または回復期などに、家庭や集団での保育が困難な児童を一時的に預かる。

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成30年4月2日

契約の相手方

 医療法人社団青山会

契約金額 

8,897,108円  

契約期間

契約を行った日 ~ 平成31年3月30日まで

随意契約とした理由 

 業務委託にあたっては国の実施要綱が定める施設要件を満たすことが前提となる。当該医療法人社団は小児科医として豊富な実績があり、本事業にかかるこれまでの実績があること等から、同医療法人社団が最適であると判断したため。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

  

 

随意契約結果表

担当課名

こども支援課

案件名 

 平成30年度子ども子育てシステム保守業務委託

案件の概要

 子ども子育てシステム運用にかかる機器及びパッケージの保守

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成30年4月1日

契約の相手方

 富士通株式会社

契約金額 

1,350,000円  

契約期間

契約を行った日 ~ 平成31年3月31日まで

随意契約とした理由 

 現行システムは、入所者情報、通知書情報、収納情報、統計処理などを根幹に構築されており、運用する上で生じる様々なシステムトラブルへの対応や今後の法改正への対応などのためにも保守契約を結んでおく必要がある。運用面において、当市の要望に迅速かつ確実に対応するためには、当該システムを最も熟知している導入元業者である富士通株式会社に依頼することが最も適当であると考えられる。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

 

 

随意契約結果表

担当課名

こども支援課

案件名 

 平成30年度子育てほっとラインさんだ業務委託

案件の概要

 休日および夜間に子育てについて不安等を抱える養育者に対して電話相談業務を行う。

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成30年4月1日

契約の相手方

 社会福祉法人尼崎市社会福祉事業団

契約金額 

3,494,476円

契約期間

契約を行った日 ~ 平成31年3月31日まで

随意契約とした理由 

 この事業の実施については、その特殊性から次の条件が求められる。

 

 

1.相談を受ける者については、児童福祉司、保育士等、子育ての相談に関する専門的な知識や資格をもっていること。

 

2.緊急事態発生時には、速やかに関係機関と連携を図りながら、専門性を伴った対応ができる体制が整っていること。あわせて、川西こども家庭センター、警察、こども支援課等への適切な対応が可能であること。

 

 

以上、当該団体は、前述の条件を満たすと共に三田市要保護児童等対策地域協議会の構成員であり、かねてより連携を図ってきたこと。また運営施設が本市から近隣(神戸市北区)にあり、緊急時にショートステイ等の対応が迅速に行えるなど立地条件等も含め勘案したところ、当該団体以外に適当な団体は見当たらないため。

 

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

  

  

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

子ども・未来部子育て応援室保育振興課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5073

ファクス番号:079-563-3611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?