• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 各種手当・助成制度 > ひょうご保育料軽減事業

ここから本文です。

ひょうご保育料軽減事業

兵庫県では、子育てしやすい環境づくりを推進するため、保育所や認定こども園等に通う子どもの保育料の一部を助成します。

対象

次の要件を全て満たし、申請手続をすることが必要です。

(1)市内に住所を有し、子どもが令和3年度に認可保育所・認定こども園・小規模保育等に在籍している、または在籍していた世帯

(2)国の規定に基づき複数の子どもがいることによる優遇措置を受けていない。

(3)保育料が月額5,000円を超えている。(※1)

(4)次の区分に応じた課税年度の市町村民税所得割が以下の世帯のもの。(※2)

 

区分 課税年度 保護者の市町村民税の所得割額

3歳児未満の

保育(2号または3号)認定子ども

4月から8月分は令和2年度
9月から3月分は令和3年度

第1子:57,700円未満

第2子以降:155,500円未満
(ひとり親世帯等は169,000円未満)

※1 給食費や通園バス代などの費用は対象になりません。

※2 算出方法については、子ども・子育て支援法施行令(平成26年政令第213号)の規定に基づく算定に準ずる。

助成額

月額5,000円を超える保育料に対して、「保育料の1/2」か「下記補助基準額」、「保育料(月額)から5,000円を引いた額」の最も低い額を助成します(100円未満切捨)。 

区分 第1子 第2子以降
3歳未満児 10,000円 15,000円

(1)3~5歳児クラス、0~2歳児クラスの住民税非課税世帯の子どもは保育料が無償化されているため補助対象外となります。

(2) 保育(3号)認定子どもについては、年齢は令和3年4月1日現在の年齢です。また、未就園児クラスやプレ保育などの利用者は補助対象になりません。

申し込み・問い合わせ先

区分 申請期限 問い合わせ

(1)認可保育所・認定こども園・小規模保育等の在籍者

(認可保育所・認定こども園等版)ひょうご保育料軽減事業チラシ(PDF:675KB)

令和4年2月4日

保育振興課

TEL:079-559-5073
FAX:079-563-3611

(2)子ども・子育て支援新制度に入らない事業所内保育施設、企業主導型保育等の在籍者

ひょうご保育料軽減事業について(兵庫県ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

兵庫県こども政策課

TEL:078-362-4186

(1)の施設利用者には補助要件を満たしていると思われる方へ1月中旬~下旬に申請書類を郵送します。

(2)に該当する人への案内通知はありません。問い合わせ先または在籍園に確認してください。

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?