• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「弥生小学校余裕教室の活用、さんだ里山スマートシティほか」令和3年6月2日放送分

ここから本文です。

モリモリSANDA「弥生小学校余裕教室の活用、さんだ里山スマートシティほか」令和3年6月2日放送分

  

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、ぜひお聴きください。

 

モリモリSANDA「」令和3年6月2日放送の内容を、ハニーFMのホームページ内「アーカイブハニー」からお聴きいただけます。(外部サイトへリンク)

放送内容

 1. 新型コロナウイルス感染症の状況


    引き続き感染防止に取り組みましょう。一人ひとりが、感染リスクの高い行動を自粛し、人流の抑制に取り組むことが必要です。自分を守り、人を守り、そして三田を守るという強い気持ちを持って行動してください

2. ワクチン接種について

    高齢者のワクチン接種の状況をお伝えします。

3. ほっとトークのコーナー

    広報さんだに掲載している市長モリテツの「ほっとトーク」をもとに、市長の想いをお伝えします。
    6月号広報から「市民への説明と市長の責任」について

4. アイデアボックスforさんだ里山スマートシティ

    「アイデアボックスforさんだ里山スマートシティ」を開設し、市民の皆さんのスマートシティ実現に向けたアイデアやニーズ、情報を募集しています。いただいた様々なアイデアやニーズなどは、市役所内の関係部署や、官民共創プラットフォームにおいて情報共有し「さんだ里山スマートシティ」の取り組みに反映さます。

5. 弥生小学校余裕教室の活用

    弥生小学校の使っていない教室が、子どもたちの学びの場として活用されます。市では、公共施設を計画的に維持していくために平成30年から公共施設マネジメントの取り組みを進めていますが、その中で創設した「地域イニシアチブ」制度を活用した最初の取り組みです。
    弥生小学校の余裕教室を、「まちなか石ころ研究会」が活用し、「石ころ研究プロジェクト」を実施します。

6. 保育所等の待機児童数減少

    ウッディタウンにある認定こども園を中心に、受け入れ定員を拡大していただいたことや、認可外の保育施設が開設されたことなどから、保育所の待機児童が昨年に比べて減少しました。今後も、保育施設開設の支援や定員の拡大、保育士の確保対策を進め、待機児童ゼロをめざし取り組むことで子育て支援を充実させていきます。

7. オンライン移住相談窓口

    昨年度は三田市にも移住や空き家バンクへの問合せが増え、コロナによって郊外での暮らしが注目されてきていると感じています。この流れを逃がさないように、ゆったりとした住環境で自分らしい暮らしができるまち三田として、積極的に三田での生活イメージをPRしていきます。移住相談についても、コロナ禍で実際に会って相談することが難しいためオンライン相談を開始します。市外の若い世代にどんどん三田のファンになっていただき、三田への移住を加速していきたいです。

関連リンク

  Honey FM(外部サイトへリンク)

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課秘書係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5028

ファクス番号:079-564-6563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?