• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「秋のイベント、高齢者祝福事業、市議会議員選挙について」令和2年10月7日放送分

ここから本文です。

モリモリSANDA「秋のイベント、高齢者祝福事業、市議会議員選挙について」令和2年10月7日放送分

  

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、ぜひお聴きください。

市長写真

 

モリモリSANDA「秋のイベント、高齢者祝福事業、市議会議員選挙について」令和2年10月7日放送の内容を、ハニーFMのホームページ内「アーカイブハニー」からお聴きいただけます。(外部サイトへリンク)

放送内容

今年の秋のイベントについて

    新型コロナウイルス感染症について、10月7日現在で市内の感染者数は累計39名、兵庫県内の感染者数は、2838名です。少し落ち着いてきているようではありますが、油断はできません。
    毎年、秋のイベントはさんだ秋の観光と味覚まつり、さんだ農業まつり、三田バルなど多くの皆さんでにぎわいます。今年は、どのイベントも混雑を避けるため、いつもより期間を長くする、複数日を設けるなど今年らしいカタチで開催されます。
    さんだ秋の観光と味覚まつりは、従来のイベント形式での開催は見送り、「さんだ秋の味覚ミニツアー」として実施します。コロナ禍でも安全安心に観光を楽しめるツアーで、県内にお住いの方を対象とし、少人数完全予約制で秋の味覚を楽しめる体験ツアー全6コースを市の観光協会が企画されました。「松茸と牛肉のすき焼き」といったこの時期にしか味わえない秋の味覚や、「そば打ち」の体験ツアーなどをぜひ三田でお楽しみください。
    さんだ農業まつりは、「未来につなげる三田    食と農のキャンペーン」とし、10月17日から11月7日の19日間、秋の実りを山積みして開催します。期間中10月17日、10月31日、11月7日いずれも土曜日の午前に、三田産農産物の販売会をパスカルさんだ1番館前の特設会場で行います。
    三田バルについても今年は「三田バルウィーク」として10月25日(日曜日)から10月31日(土曜日)まで三田市商工会により開催されます。500円の参加証を購入し、参加店舗で参加証を提示すると通常1000円以上するバルメニューを700円で楽しめるというものです。期間中は何度でも使用でき、お得になっています。
    新型コロナウイルス感染症の感染防止対策をとりながら、さんだの秋を盛り上げていきたいと思います。さんだ秋の味覚ミニツアー、さんだ農業まつり、三田バルウィークに関するお問い合わせ先は、10月1日号の市広報「伸びゆく三田」に掲載されていますのでご確認ください。

高齢者祝福事業

    例年、敬老の日前後に、市内の男女の最高齢者や、最高齢夫婦、今年度100歳を迎える方のお宅などを訪問し、記念品やお祝い状を届けていますが、今年は新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、訪問を取りやめ対象者全員に宅配で贈呈しました。今年米寿を迎える方の記念品は、市内の事業者が提案された、「健康増進」の品、「地産地消」の品、「学び」の品、「もしもの備え」の中から1品目選んでもらうカタログギフトの形式になっており、三田青磁の食器や、三田産のお茶、非常食セットなどから選んでいただきます。永年にわたり、社会の発展に寄与されてきたことへの感謝の意、支えてこられたご家族への敬意を表する高齢者の祝福事業として行っています。
    市内の最高齢者は、日下淑子(くさかよしこ)さん107歳。男性の最高齢者は、谷口實男(たにぐちじつお)さん101歳です。谷口さんは、奥様朝江(あさえ)さん98歳とお二人で最高齢ご夫婦でもあります。昨年、日下さん谷口さんともに訪問しました。日下さんはとてもチャーミングだった印象が残っています。谷口さんご夫婦は、實男さんは今まで奥さんのことも子どもさんのことも怒ったことがなく、そんな實男さんを朝江さんは誇りに思い、感謝しているというお話を伺いました。
    市内の100歳以上の高齢者は71人、今年度100歳になる人は29人(男性4人、女性25人)、今年米寿(数え歳の88歳)を迎える人は、519人いらっしゃいます。これからも皆さんお元気でお過ごしいただきたいです。また、高齢者の皆さんがいきいきと暮らせるまちづくりを進めていきたいと思います。

市民と市長との「ほっとトーク」

    9月から開催している市民と市長との「ほっとトーク」は、これまで3回開催し、市民のみなさんとの意見交換をいたしました。例年10人に参加してもらっていますが、今年は参加者を5人に限定させていただき、高平地区、カルチャータウン地区、ウッディタウン地区で開催しました。それぞれの地域がかかえる課題について聞かせてもらいましたが、中には地域の魅力とそれを活かすアイデアを聞かせてもらうこともありました。
    私としては、できることは早急に実現していきたいし、いろいろな意見をこれからもとりあげていきたいと思います。残りの地区も感染対策を徹底しながら開催していきます。参加者の募集は終了していますが、傍聴は可能ですのでお気軽にお越しください。各地区での開催日時は市ホームページでご確認ください。

市議会議員選挙について

    市議会議員選挙が10月4日に開催されました。新聞などで話題になり、他の自治体からも注目を集めましたが、定員22人に対して37人が立候補されました。各地では、議員のなり手がないという話もある中、三田市では議会の活性化に大いに役立ち、つながっているのではないでしょうか。
    今年の選挙運動は、新型コロナウイルスの影響で立ち合い演説会ができない、チラシの手渡しができないなど制限が多く、知名度を上げること、意見を主張することが難しかったと思います。そんな中、SNSを活用して発信している人が多く、来年以降の各選挙でも大きな流れになっていくと思います。
    議会には、議員の方々が、それぞれの地域や団体の異なる民意をもって議会に来られ、議論しながら決定していくという、様々な声や価値観を議会にあげていただく重要な役割があります。市議会と市長は市政の両輪だと思います。互いに足らないところを補い、チェックしていきます。地方自治は民主主義の学校ともいわれ、選挙は民主主義を市民の方に学んでいただく機会になっています。今回投票率は58.12%と高くなり、民主主義、地方自治の活性化として一定の評価ができると思います。

ほっとトークのコーナー   ~縦割り、たらい回し~

    今、「縦割り行政打破」というキャッチフレーズが、新たな政権誕生に伴い話題になっています。私も、市長に就任して以来、「縦割り行政の弊害の是正」に積極的に取り組んできました。特に市民にご迷惑をおかけする「たらい回し」の是正策の一つとして、一昨年に「おくやみコーナー」を設置しました。さらにこの9月には「福祉相談窓口」を開設し、福祉の様々な相談を専任の相談員(福祉コンシェルジュ)がワンストップで対応する体制を整えました。こうしたサービスを今後とも広げていきます。
    さらに、時代の変化に伴う多様で新しい政策課題に対応するには、様々な市民サービス(政策)の企画段階から縦割りの弊害が生じないようにする必要があります。そのため、各部局で専門的に縦に深く掘りながら横の調整をする従来のやり方に加え、市長・副市長をヘッドに部局の壁を越えたプロジェクトチームを編成しながら検討する取り組みを進めています。

市庁舎コンサート

    次回の市庁舎コンサートのご案内

  • 日程:10月8日(木曜日)
  • 開演時間:午後5時30分から(約30分間)
  • 会場:三田市役所風の広場(雨天中止)
  • 出演:三田少年少女合唱団
  • お問い合わせ:三田市文化スポーツ課、電話559-5144

    開かれた市役所を目指し、また市民の皆さんの芸術文化活動発表の場として平成28年1月から市庁舎コンサートを開催し、次回で49回目とります。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため令和2年3月から6月までは中止し、7月から観客席数を制限するなど感染対策を行いながら再開してきました。今後は、インターネット等を活用し芸術文化活動の鑑賞の機会を拡大し、市内外の多くの方々にも市庁舎コンサートに親しんでいただくために動画配信を開始します。
    これまで50を超える団体が出演されました。多くの市民が取り組まれている芸術文化活動を広く皆さんに鑑賞していただきたいと思います。

 

関連リンク

  Honey FM(外部サイトへリンク)

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課秘書係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5028

ファクス番号:079-564-6563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?