• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「えがこう!さんだの未来図、福祉コンシェルジュについて」令和2年9月2日放送分

ここから本文です。

モリモリSANDA「えがこう!さんだの未来図、福祉コンシェルジュについて」令和2年9月2日放送分

  

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、ぜひお聴きください。

 モリモリSANDA0902

 

モリモリSANDA「えがこう!さんだの未来図、福祉コンシェルジュについて」令和2年9月2日放送の内容を、ハニーFMのホームページ内「アーカイブハニー」からお聴きいただけます。(外部サイトへリンク)

放送内容

新型コロナウイルスの状況

    三田市の9月1日現在の感染者数は累計36名、兵庫県の9月1日現在の感染者数は2308名です。感染者の新規確認数は減少傾向ですが、油断せず感染防止対策の徹底をお願いします。市内の公共施設の利用制限については、制限期間を9月30日まで延長しています。引き続きご協力をお願いします。市などが開催するイベント等については、感染症対策を徹底し、参加者の協力を得ながら実施します。
    これから台風シーズンを迎えます。毎年各地で台風被害が起きていますが、今年は特にコロナ対策をしっかりし、安心して避難できるよう避難所運営に努めていきます。これまでに、コロナに対応した避難所運営マニュアルを策定し、コロナに対応した職員の避難所運営訓練を実施しました。市民の皆さんのご理解とご協力で、ウィズコロナの時代をともに乗り越えていきたいと思います。

えがこう!さんだの未来図

   三田市の目指すべき将来像とその実現に向けた具体的な取り組みを定める、10年計画の「第5次三田市総合計画」を令和4年度からスタートさせるために、今年度からその計画策定を進めます。
    総合計画は市民の皆さんと一緒にまちづくりを進めるための重要な計画です。10年後の三田の将来像を考え、どのようなまちを創っていきたいか、市民の皆さん同士で語り合い、考える機会としてワークショップを開催します。内容は、10年後どのような三田のまちに住んでいたいか、働いていたいか、「こんな三田にしたい」を実現するための取り組みなどです。参加いただいく方には、ちょっとしたお土産を用意しているので、未来の三田を思い描きに来てほしいと思います。
    第5次総合計画策定ワークショップ「えがこう!さんだの未来図」は10月、11月に3回開催されます。日程、申し込み方法など詳しくは、9月1日号の広報紙伸びゆく三田をご確認ください。 

市民と市長との「ほっとトーク」

    市民と市長との「ほっとトーク」は毎年、市内10地区で開催しています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、昨年よりも参加いただく人数を少なくして開催します。9月19日(土曜日)に第1回目となる高平地区での「ほっとトーク」を開催します。9月はこのほか、22日火曜日に、カルチャータウン、ウッディタウンでも開催します。残りの7地区は10月に開催し、9月1日号の伸びゆく三田に参加者募集について掲載しています。皆さんのまちへの想いを伺い、意見交換したいと思います。応募方法など詳しくは、市広報紙「伸びゆく三田」または市ホームページをご確認ください。

ほっとトークのコーナー ~青春を刻んだ街・三田~

    三田にゆかりのある俳優の渡哲也さんがご逝去されました。三田市民を代表して、 謹んで哀悼の意を表します。渡さんは、中学・高校時代を三田で過ごされました。当時の思い出を、三田市制施行50周年記念市勢要覧に「青春を刻んだ街・三田」と題して寄稿されています。寄稿文の一節に「仲間たちとの切磋琢磨により、困難や波浪に負けない強い心を持つことができたと感謝しています。」とあります。学生生活で多くの友達と接し、成長の糧になったと言われています。私も中学・高校時代はできる限り多くの友達と触れあって、いろんな人間を知って切磋琢磨してほしいと思います。今中学校再編統合問題がありますが、多くの友達に触れあうことが成長にとって重要ではないかと思います。市内の学校では、その人にとって人生な大事な時期を過ごしている子どもたちが通っているので、市民の皆さんには、そこに通う子どもたちを温かく応援してほしいと思います。

福祉コンシェルジュ

    9月1日、市役所1階の生活支援課内に福祉相談窓口を設けました。専門の相談員「福祉コンシェルジュ」がお話を聞き、制度の紹介や手続きを説明、また困りごとの課題整理のお手伝いをします。生活の困りごとや悩みは、いろいろな問題が関係しています。市役所としても、福祉の制度は複雑で専門的なので、それぞれ専門の部署に分かれているため、複数の要因が重なった困りごとは、複数の部署が関係してきます。
    福祉コンシェルジュは、複数の部署と連携・調整し困りごとの解決につなげていきます。直接窓口でのご相談はもちろん、電話でのご相談も可能です。また、電子メールでのご相談も受け付けています。市ホームページには福祉相談窓口受付ページがあり、専用のフォームから相談ができます。一人で抱え込まず、早めに気軽に相談をしてください。
    受付は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時までです。土日、祝日、年末年始はお休みとなります。お電話での相談専用ダイヤルは、559-5094です。

感謝と飛躍へのつどい、市庁舎コンサートの開催

    毎月開催している市庁舎コンサートですが、今月9月は感謝と飛躍へのつどいと一緒に開催します。感謝と飛躍へのつどいは、永年三田のまちづくりや地域づくりに貢献された方々に贈る三田市表彰「さつき賞」と、昨年度1年間に活躍、挑戦され市民に夢や希望を与えてくれた皆さんにお贈りする、「さんだチャレンジャーズアワード」の贈呈式です。今年度は市民の生活の秩序と安全を守るために、献身的に公務に精励され、顕著な功績のある警察官に贈る、「三田市民の警察官彰」も贈呈します。
    昨年は7月1日、三田市誕生の日、市制施行日に開催しましたが、今年は、開催時期を延期し、9月15日に開催します。市庁舎コンサートも楽しんでいただきながら、皆さんでお祝いをしたいと思います。
    今回は、チェロとピアノの演奏を鑑賞いただきます。演奏してくださる、三田市出身のチェロ奏者、大熊勇希(おおくまゆうき)さんと同じくピアノ奏者、尾野上真弥(おのうえまや)さんは、3月の市庁舎コンサートに出演していただく予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためコンサートが中止となりました。7月から再開しているコンサートに、今回出演していただけることになり、表彰される皆さんを一緒にお祝いしていただけることになりました。
   市民の皆さんにも手指の消毒や、参加者名簿の作成などご協力いただき、感謝と飛躍へのつどい、市庁舎コンサートを楽しんでいただきたいと思います。

 

関連リンク

  Honey FM(外部サイトへリンク)

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課秘書係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5028

ファクス番号:079-564-6563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?