• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「新型コロナウイルス感染症の状況について」令和2年5月6日放送分

ここから本文です。

モリモリSANDA「新型コロナウイルス感染症の状況について」令和2年5月6日放送分

 

 

 

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、ぜひお聴きください。

放送内容

1.新型コロナウイルス感染症の状況

    まず、最初に感染のリスクを抱えながら医療の最前線で治療にあたっていただいている皆さん、食料品や日用品など生活必需品の供給に従事している皆さん、介護や保育の現場をはじめ私たちの日々の暮らしを支えてくださっているすべての皆さんに感謝を申しあげます。
    また今、国・県・三田市などからお願いしている、不要不急の外出の自粛、学校園の休校措置、休業の要請などにご協力いただいている皆様にも改めて、感謝申しあげます。

緊急事態宣言などの状況

    4月7日に政府から新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が兵庫県を含む、7都府県に発令されました。また、4月16日には、緊急事態宣言の対象が全国に拡大しました。兵庫県を含む13都道府県が、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要がある「特定警戒都道府県」と位置付けられたところです。
    このような中、三田市では、4月15日に「自分を守り、人を守り、そして三田を守る」を基本理念とする「三田市非常事態宣言」を独自に発したところです。改めて、市民の皆様には、不要不急の外出の自粛、三つの密の回避を、事業者の皆様には県の休業要請の趣旨を踏まえた休業のお願い、社会生活を維持するうえで不可欠な事業の継続をお願いしたいと思っています。
    期間は4月15日から5月6日としていましたが、国の緊急事態宣言の延長にあわせ、市としましても5月31日まで延長することになりました。
    私たちは、人とつながり、社会とつながることで生活を営んでいますが、今は人との接触を極力避けることが感染拡大を防止することにつながります。自分自身を守ることが家族・友人・大切な人たち、地域社会を守ることにつながっていきます。これまでの取り組みを無駄にしてはいけません。あともう少し、こうした積み重ねを継続し、この難局を乗り越えていきたいと思います。これからが大切な時、大きな試練のときです。ともに頑張りましょう。一層のご協力をお願いいたします。 

経済的支援について

    新聞やテレビを通じ、国の一律10万円支給という話をご存じの方も多いと思います。これは国が市を通じて国民一人一人に支給する「特別定額給付金」です。ほかにも県が支援をするもの、市が単独で支援していくものがあります。
    三田市では、令和2年度の予算をこの新型コロナウイルス感染症緊急対策のために約2億6千万円追加しました。感染拡大の防止対策、地域産業への支援、市民生活への支援という3つの柱で施策を展開していきます。

三田市の支援
  • 感染拡大の防止対策
    市役所、学校教育施設など公共施設の業務継続や福祉施設等への支援に必要な衛生用品を確保
  • 地域産業への支援
    「小規模事業者応援助成金」「がんばる事業者応援プロジェクト」
  • 市民生活への支援
    「生活関連・緊急サポートセンター」を設置。
    「ひとり親世帯への臨時特別給付金」を三田市独自で支給。
国の経済的支援

    特別定額給付金の申請は、オンライン申請と郵送申請があります。マイナンバーカードとスマートフォンによるオンライン申請は、5月1日から受付を開始し、三田市ではすでに2500件を超える申請がありました。5月11日から順次振り込みを開始します。郵送申請は、5月12日から各家庭に申請書郵送を始める予定です。申請書が届いたら返送してください。5月18日から順次振り込みを開始します。
    DV(配偶者からの暴力)を理由に別居して避難している方は、できるだけ早く三田市配偶者暴力相談支援センターへ相談し、特別定額給付金の申請書を受け取り申請してください。 

  • 三田市配偶者暴力相談支援センターの連絡先:079-563-7830
  • 特別定額給付金の申請についてのお問合せ先:079-559-5096
  • 全般的な支援制度の案内、心のケアなど専門窓口を紹介する、緊急サポート・生活相談ダイヤルは、079-559-5111

これらの内容は市の広報伸びゆく三田臨時号に掲載していますので確認してください。

その他の支援

    三田市では国や県と連携し、市民の皆さんの不安を軽減し、安心して生活できる環境を取り戻すことを最優先として取り組んでいます。マスクや衛生用品については、市の備蓄を必要な施設に配布しています。また、三田市に拠点を置く、企業などから物資を供給していただいています。寄付、優先的な供給など様々な形でご協力いただいており、心より感謝いたします。提供いただいた消毒液やマスクなども、必要な場面で使っていただけるよう、施設や事業所へお配りをしています。

2.市長メッセージ

    5月1日号広報紙に「ともに三田の地域産業・市民生活を守りぬこう」と題し、市長メッセージとして市民のみなさんにお願いしたいことを中心に書かせていただきました。緊急事態宣言が5月31日まで延長されました。三田市ではこれにともない、非常事態宣言を5月31日まで延長することに決めたところです。皆さんには引き続きご苦労をおかけしますが、自分を守り、人を守り、三田を守るために外出の自粛、県から要請のある休業の継続、特別保育の継続などへの協力をぜひともお願いします。一日も早い新型コロナウイルスの終息を目指して、苦しい日々が続きますがともに頑張りましょう。
    市としては、市民の命、さんだの地域産業、日常生活を取り戻すために三田を守るために全力で取り組んでいきます。緊急対策を適宜適切に打ち出していく予定です。これからの1~2週間はゴールデンウイークの自粛や休業の効果が試されるときです。医療を守るための感染防止と、市民の生活を支えている地域経済が崩れないよう、両方のバランスを考えながら一日も早い日常生活を取り戻すため、お互いを思いやりながら頑張っていきたいと思います。

3.市庁舎コンサート 

    5月の市庁舎コンサートは中止です。再開される日をお待ちください。

関連リンク

  Honey FM(外部サイトへリンク)

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課秘書係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5028

ファクス番号:079-564-6563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?