• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > モリモリSANDA(ラジオ番組) > モリモリSANDA「市長所信表明について」令和元年7月31日放送分

ここから本文です。

モリモリSANDA「市長所信表明について」令和元年7月31日放送分

 

 

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市長が出演し、まちづくりについて話す広報番組「モリモリSANDA(サンダ)」。毎月第1水曜日の18時から18時20分と同週土曜日の10時から10時20分(再放送)に放送していますので、ぜひお聴きください。

放送内容

今月は放送日を変更しています。

所信表明

  選挙期間中、各地域を回り、多くの方とふれあう中で気づき心動かされることがありました。

  これまでの4年間、市民の皆さんへの十分な説明ができていないことがあり、市民の皆さんとの対話の機会が少なかったということが反省としてあります。地域でお話をさせていただく際、これまでを振り返って反省すべきことを率直にお話しすることで、心がつながったと感じる場面がありました。

   この4年間、行政改革を行ってきました。市民の皆さんからは厳しいご意見もいただいていましたが、今回、何人かの方には「よくやってくれた」「市の財政状況がよく分かった」と肯定していただける声もいただきました。

  また、色々なところで高齢者の移動手段についてのお声をいただきました。三田は市域が広く、公共交通機関が十分ではないところもあります。高齢者の運転免許証返納も話題になっています。かねてから大事な問題だと感じておりましたが、重要な課題だと思うので次の4年間でしっかりやっていきたいと思います。

  今回の選挙では、三田の未来のためにまちづくりをしましょうとお伝えしてきました。人口減少、急激な高齢化と社会環境が大きく変化する中、市民の皆さんの痛みを伴うものも含め、様々な改革を行ってきましたが、それは未来の三田のために本当に必要なものを施策として組み入れたり、重点的に予算を配分したりするための、土台作りとして行ってきました。  私は、三田の未来は明るいと思っています。現在、三田・新三田駅前の再開発を行っています。再来年には関西学院大学が学部を大きく再編する予定になっています。大阪・神戸に近く利便性があるという三田の魅力を生かして、三田が大きく変わる、新しいまちづくりを始めるチャンスが来たのではないでしょうか。

  社会環境の変化に伴い、三田もコンパクトなまちにならざるを得ません。どのような形のコンパクトな良いまちにしていくかが問われます。今後、三田に住む人は少なくなるかもしれませんが、三田を訪れる人、学ぶ人、働く人、遊ぶ人の呼び込みを増やしていくことが大事です。交流人口ともいわれるこれらの人々が三田に集まってくると、住んでいる人も活気を感じて元気になってくるのではないでしょうか。

  大きなターゲットは若者です。若い人の元気は高齢者に刺激を与え、活躍する若い人への憧れなどから、子どもたちの育みにもつながります。若者にとって魅力のある街づくりのための三田のポイントは3つだと思っています。

  1. 駅前に賑わいをつくる
  2. 大学キャンパスに集まる学生の活気を周辺に広げていく
  3. 働く場所を確保する

  これまで、様々な改革を行ってきましたが、市民の皆さんにこれまでより厳しいことをお願いするときには、市長をはじめ職員による十分な説明と対話が必要であることを感じました。これからの4年間は説明と対話により市民の皆さんとともに作り上げていくということを大きな目標として進めていきたいと思っています。
  三田のまちづくりの基礎となる計画「第4次総合計画」が令和4年で終了します。次の計画の策定には「三田モデル」といわれるような市民参画の手法で、三田の特色あるそれぞれの地域において、自分の地域をどうしていきたいか市民の皆さんの思いを計画に盛り込んでいくこと目指します。ぜひ頑張って皆さんと一緒にやっていきたいと思います。

  安心して暮らし・働き・学べる「住み続けたいまち 三田」を市民の皆さんとともに、つくってまいりたいと考えています。そのためにも、私も全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願いします。

関連リンク

  Honey FM(外部サイトへリンク)

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課秘書係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5028

ファクス番号:079-564-6563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?