• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 三田市議会 > 市長提案説明・審議予定・結果・議員の質問 > 市長提案説明 > 第334回(平成27年12月)三田市議会定例会 市長提案説明

ここから本文です。

第334回(平成27年12月)三田市議会定例会 市長提案説明

 

 2015年11月27日提案説明市長写真       

はじめに

三田市まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定について

平成28年度組織改正について

北摂三田第二テクノパークの企業誘致ついて

提案議案について

予算案件

条例案件等                        

 

 

 はじめに

     皆様、おはようございます。寒さも日増しに加わり、冬の訪れを感じる本日ここに、第334回三田市議会定例会を開催いたしましたところ、議員の皆様方には、ご健勝にて、ご出席を賜り厚くお礼申し上げますとともに、日頃のご精励に対し深く敬意を表する次第であります。

     まず、初めに先日発覚いたしました職員の住居手当不正受給に関しまして、議員の皆様はもとより、市民の皆様に心から深くお詫びを申しあげる次第でございます。今後、こうしたことを二度と招かないよう、コンプライアンス遵守を徹底するとともに一人一人の職員が高い倫理観と使命感を持って職務にあたるよう、市を挙げて取り組みを進めてまいります。

     さて、本年も1カ月を残すのみとなってまいりましたが、この1年を振り返ってみますと、多くの市民の皆様からのご支持により市長へ就任するという、まさに私の人生が大きく変わる年となりました。8月の市長就任以降、「進取の精神」を念頭に、三田市の新たなるまちづくりのために全力で取り組んでまいったところです。

     とりわけ、現在、私が市長として、初めて臨む平成28年度予算の編成作業を進めておりますが、当面する国の補正予算や新年度予算、また税制改正の動きなど的確に把握するとともに、本市の課題への対応、市民の皆様の声、そして私の公約いたしましたプロジェクト5に3つの施策を加えた「プロジェクト8」をどのように反映をさせるのか、その責任の重大さに、身の引き締まる思いをいたしております。こうしたなか、11万、三田市民の幸せの実現を目指すとともに、三田市の新たなまちづくりの基礎固めとなる予算を編成してまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。

      このページのトップにもどる

三田市まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定について

     それでは、議案の説明に先立ち、若干のご報告を申しあげます。

     まず、「三田市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定についてであります。

     現在、本市における人口の将来展望を示す「人口ビジョン」並びに平成31年度までの目標や施策体系を示す、いわゆる「三田版総合戦略」の策定を進めております。

     総合戦略の策定に当たりましては、若い世代や転入者、転出者を対象に結婚や子育てに関する希望などを把握するため、アンケート調査の実施や学識者、産業界や金融機関など幅広い分野による有識者会議を10月20日と11月25日に開催しご意見をいただいたところでございます。また、庁内におきましては、10月に地域戦略本部や地域戦略室を設置したほか、地域戦略担当理事を配置、また、プロジェクトに関わる担当参事、担当係長を置くなど、総合戦略の策定に向けて全庁的な体制を整備してまいりました。このほか、11月からは若手職員によりますプロジェクトチームを立ち上げ、庁内の知恵を集結しているところです。

     今後は、様々な立場からいただきましたご意見やアンケート結果を反映するとともに、実行力のある総合戦略とするために議員の皆様からのご意見をいただき、パブリックコメントなどを実施したうえで、来年3月には完成させてまいりたいと考えております。

     このページのトップにもどる

 平成28年度組織改正について

     次に、平成28年度の組織改正についてでありますが、「子どもに夢を  高齢者に安心を  地域に元気を」の3つの施策方針と「プロジェクト8」の推進、並びに現在策定中の総合戦略の具体的な取り組みをより効果的・効率的に、かつスピード感を持って実現できる体制とするとともに、「風通しのよい職場」を目指した組織として、抜本的な改正を行います。

     組織改正の主な内容を申し上げますと、市長の意思を直接施策に反映させるため、企画部門を中心に市長直轄とするとともに、災害等の危機に特化した組織を新設します。また、市長部局内の部を現行6部体制から4部体制に集約化を図るとともに、各部に「室」を新設し、所属所管課の統括として室長の執行責任と権限の明確化を図ってまいります。

      このページのトップにもどる

北摂三田第二テクノパークの企業誘致ついて

     最後に、北摂第二テクノパークの企業誘致についてでありますが、開発者である大和ハウス工業と連携しながら企業誘致を積極的に進めており、今回、新たに1社の契約が成立いたしましたので、ご報告申しあげます。このことにより進出企業数は合計8社となり、内4社は既に操業いただいております。

     このページのトップにもどる

 提案議案について

     それでは、今期定例会に提案いたしました議案につきまして、ご説明申し上げます。

     このページのトップにもどる

 予算案件

     まず、平成27年度一般会計補正予算でありますが、一般会計補正予算では1億6,005万円の増額補正をしようとするものであります。

     その内容でありますが、27年4月から実施している子ども・子育て支援新制度に基づく、国の公定価格の質の改善部分の引上げ等により、私立保育園委託運営費において、児童の措置費負担金の4,235万円、同じく認定こども園に対する公費負担額の見込増による施設型給付費6,610万円をはじめ、三田駅周辺の認可保育所整備事業で386万円、ゆりのき台第3児童クラブ整備事業1,200万円、児童発達支援や就学障害児の放課後デイサービス給付費等の障害児日常生活援助対策事業5,245万円、乳がん・子宮頸がん検診にかかる市民健康診査事業430万円、三田産の農産物を学校給食に利用する地場食材利用拡大モデル事業451万円など、施策的事業で2億719万円の増額補正のほか、人事異動等による人件費の変動に伴うもので職員給与費等人件費4,647万円の減額補正、介護保険事業特別会計への支出金67万円の減額補正であります。

     次に、繰越明許費として、三田駅周辺の認可保育所整備事業の補正、債務負担行為では、総合文化センター、総合福祉保健センター、障害児療育センター及び自転車等駐車場の指定管理費、休日応急診療センターの医療事務委託費、並びに放課後児童健全育成事業費等計7件の追加補正であります。

     また、特別会計は、駐車場事業特別会計では、新三田駅前駐車場指定管理費の債務負担行為の追加補正、介護保険事業特別会計では、職員給与費等人件費の減額補正であります。

     このページのトップにもどる

 条例案件等

    次に、条例案件でありますが、先ほどご説明申し上げました平成28年度の組織改正に係る「三田市の組織及びその事務管理に関する条例」の一部改正のほか、いわゆるマイナンバー法の施行に伴い、個人番号の利用に関し必要な事項を定める「三田市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例」など計10件であります。

    次に、事件決議でありますが、本庁舎屋外整備等工事請負契約の締結や、三田市障害児療育センターほか4施設の指定管理者の指定のほか、市道路線の認定など計8件であります。

     なお、今会期中に三田市総合福祉保健センターの指定管理者の指定に係る事件決議と、教育委員会委員の任命に係る人事案件を追加提案いたしたく考えておりますので、ご了承を賜りたくお願い申し上げます。

     以上をもちまして、提出議案の説明を終わります。

     議員の皆様におかれましては、何とぞ慎重にご審議をいただき、適切なるご議決を賜りますようお願い申し上げ、提案の説明といたします。

     ありがとうございました。

 

      このページのトップにもどる

特によくあるご質問

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課秘書係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5028

ファクス番号:079-564-6563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?