ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 図書館 > 三田市立図書館の選書方針

ここから本文です。

三田市立図書館の選書方針

市立図書館の資料の選定および除籍は、下記の方針により市が決定しています。

三田市立図書館における資料の収集、整理及び保存にかかる基本方針について

 平成27年4月30日
改訂平成 31年4月 1日

三田市立図書館条例(平成元年条例第35号)第4条第1号に規定する図書館資料の収集、整理及び保存は、次の各号に掲げる基本方針に基づいて実施します。

1.地域の知と憩いの拠点としての役割を踏まえる。
2.地域の情報ストックとしての役割を踏まえる。
3.読書を通じた生涯学習支援としての役割を踏まえる。
4.地域や世代ごとの特性・課題並びに各館の利用動向を踏まえる。
5.市民や地域社会が必要とする、時宜に即した課題探求の動向を踏まえる。
6.出版文化の振興および書店等、情報や著作物の流通に関わる事業者との役割分担を視野に入れる。

三田市立図書館における資料の収集、整理及び保存にかかる基本方針の個別方針

平成31年4月1日


1.地域の知と憩いの拠点としての役割を踏まえる。
(1)市民が様々な意見や価値観、文化について知ることができるよう資料及び情報を整備、提供する。
(2)幅広い層の市民が気軽に集い、交流できる場を提供する。
2.地域の情報ストックとしての役割を踏まえる。
(1)次世代の利用も視野に入れ、地域の貴重な資料(郷土資料及び地域資料)及び情報を整備し提供する。
3.読書を通じた生涯学習支援としての役割を踏まえる。
(1)「知識基盤社会」における生涯学習を支援し、生涯にわたり読書に親しみ「読むこと」、が人生に喜びを与えるような資料及び情報を整備し、提供する。
4.地域や世代ごとの特性・課題並びに各館の利用動向を踏まえる。
(1)子どもの読書活動を推進し、自然に読書に親しみ、豊かな心と知識の育成に役立つ資料及び情報を整備し、提供する。
(2)学校図書館と連携し、学校教育における読書活動推進への支援を強化する。
5.市民や地域社会が必要とする、時宜に即した課題探求の動向を踏まえる。
(1)日々の暮らしや仕事など、生活の場で直面する様々な課題の解決に役立つ資料及び情報を整備し、提供する。
6.出版文化の振興および書店等、情報や著作物の流通に関わる事業者との役割分担を視野に入れる。
(1)蔵書構成の各分野に偏りなく資料及び情報を整備、提供する。
(2)公立図書館の役割として市の政策に則った選書に努める。

三田市立図書館資料収集要綱

三田市立図書館資料収集要綱(PDF:79KB)

三田市立図書館資料収集細則

三田市立図書館資料収集細則(PDF:148KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。