• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田歴史通信(ラジオ番組) > 三田歴史通信「世界遺産の巨大古墳が作られた時代の三田の遺跡について」令和元年7月4日放送

ここから本文です。

三田歴史通信「世界遺産の巨大古墳が作られた時代の三田の遺跡について」令和元年7月4日放送

 地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に市職員が出演し、三田市の歴史のこぼれ話・郷土学習に関する取り組みやサービスなどについて分かりやすくお伝えする番組です。毎月第1木曜日の15時10分~15時20分に放送していますのでぜひお聞きください。

 

放送内容

  今回は、仁徳天皇陵で有名な百舌鳥・古市古墳群が作られた時代、古墳時代中期(5世紀)の三田の遺跡についてお話をしました。
  須恵器づくりは百舌鳥古墳群の近くの 陶邑(すえむら)ではじまりました。その後三田にも伝わり、現在の末で須恵器が作られました。市内には5世紀頃の遺跡として、貴志で竪穴住居址や農耕の祭祀の跡と考えられる遺跡が見つかっています。
  放送では遺跡の紹介のほか、市内文化財施設で行われる催しについて紹介しています。

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?