• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 市史 > 三田市史ホームページ > 「三田市史だより」2006年下半期

ここから本文です。

「三田市史だより」2006年下半期

6月15日号「災害にご用心」

昭和37年6月の水害(現在の中町)

渇水と水害が背中合わせであった市域の歴史をひもとくと、6月から9月まではもっとも災害に対する用心が必要な期間であることがわかります。

6月15日号 「災害にご用心」(PDF:130KB)  

7月15日号「疫病退散の牛頭天王信仰」

「広峯天王」の掛軸

市内に多くまつられる感神社や八坂神社を通じて、疫病退散への人々の願いや近代の神仏分離について考えます。

7月15日号 「疫病退散の牛頭天王信仰」(PDF:145KB)

8月15日号「夏の風物詩花火」

のろしと紛らわしい花火を禁ずるお触れ

江戸時代や戦前の記録から、夏の風物詩である花火は、光のほか音や煙の造形をも楽しむ「煙火」でもあったことを紹介します。

8月15日号 「夏の風物詩花火」(PDF:178KB)

9月15日号「近世のはじまり」

木器村の検地帳(右)と名寄帳

江戸時代につながる「近世」のはじまりを告げたのは、太閤豊臣秀吉によっておこなわれた「太閤検地」でした。市内の太閤検地に関する資料から近世のはじまりについて考えます。

9月15日号 「近世のはじまり」(PDF:176KB)

11月1日号「境目のまち・三田」

藍地区の摂津・丹波国境山論史料

三田市は山の境目に関する歴史資料の宝庫です。その背景や、本来あいまいであった山の境界が確定されるに至った意味などについて考えます。

11月1日号 「境目のまち・三田」(PDF:160KB)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?