• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 市史 > 三田市史ホームページ > 三田市史刊行物のご案内 > 市史研究さんだ第10号

ここから本文です。

市史研究さんだ第10号

市史研究さんだ10号表紙市史研究さんだ10号見本

体裁

平成20年3月刊

B5判、112ページ

税込価格:800円

主な内容

巻頭写真 九鬼隆国書蹟

1 研究論文

(1) 「幕末維新期における北摂三田商人の金物取引について」:三浦俊明

  • 三田町の朝野家に所蔵される商用の手紙を素材として、江戸時代終わり頃の金物取引の内容と流通市場のあり方を具体的に論じる。大坂を中心とした市場に対して三田の市場が相対的な独立を保持していたことを明らかしている。

(2)「私立有馬会と三田地域」: 北泊謙太郎

  • 明治25年(1892)に結成された.社会教育団体である私立有馬会の沿革・活動内容・担い手を具体的に論じる。

(3) 「近代三田における生活様式の変化」:李東彦

  • 電灯と電話の普及状況を示す史料を素材に明治末から昭和初期の三田地域の生活の様子を具体的に述べる。

2 書評

『三田市史』 第四巻近世資料:常松隆嗣

  •   『三田市史』第四巻近世資料の書評。概要の紹介とその活用方法を提示する。

3 座談会

『三田市史』 第四巻近世資料を刊行して

  •   『三田市史』第四巻近世資料執筆者と事務局担当者による座談会。近世資料の作成過程やその中で得られた知見を明らかにする。
  • 資料収集・整理から原稿作成、そして史料選択・掲載にかけての作業の背景や通史編へ向けての展望にも触れる。

4 資料紹介

『小寺泰治郎翁歴伝』稿本(第二回)

  • 幕末・明治維新期の三田藩のキーパーソンの一人、小寺泰次郎に関する新出の伝記を翻刻・紹介する連載の第2回。
  • 本号では、代官時代の精力的にして斬新な活動を中心に記載。
  • 幕末・明治維新期の三田藩政を検討する上での基本資料となりうる。
    小寺泰次郎翁歴伝組見本(PDF:1,066KB)

5 平成18年度「三田市史を読む会」近代資料編1の概要

  • 市史第5巻近代資料1に掲載された歴史資料をテーマとした全5回講座の記録。

6 皆様の声の概要

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?