• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 随意契約 > 平成22年度 (随意契約) > 平成22年度 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による契約(障害福祉課) >

ここから本文です。

平成22年度 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による契約(障害福祉課) >

平成22年度 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による契約(障害福祉課)

地方自治法施行令が平成16年11月10日に改正され、障害者自立支援法等に規定される障害者支援施設等において製作された物品を買い入れる場合及び役務の提供を受ける場合、また、高年齢者の就業支援を行う団体及び母子福祉団体から役務の提供を受ける場合に随意契約によることができると規定されました。
この改正を受け、障害者支援施設等からの物品購入及び役務の提供に係る随意契約の発注見通し及び契約締結状況を公表いたします。

随意契約の発注見通し及び締結状況

(地方自治法施行令第167条の2第1項第3号及び三田市契約事務規則第42条第2項の規定による)

業務等名

障害者ワークチャレンジ事業業務委託

契約の内容

別に定める業務マニュアルに従い、下記業務を実施する。

(1)個人情報記載文書処分業務、(2)資源ゴミの回収・再利用・処分業務、(3)ゴミ袋・蛍光灯の管理業務、(4)郵便物の集配業務、(5)郵便物の封入業務、(6)文書等への押印・シール貼り等業務、(7)資料等の印刷製本業務

契約予定

 平成22年4月

申請方法

 見積書提出

契約相手の決定方法

 単独随意契約

契約相手の選定基準

 障害者自立支援法第5条第12項に規定する障害者支援施設、同条第21項に規定する地域活動支援センター同条第1項に規定する障害福祉サービス事業を行う施設、小規模作業所を含む構成団体からなる障害者ワークチャレンジ実行委員会に委託するため。

契約相手

 三田市障害者ワークチャレンジ事業実行委員会

構成団体

東山荘、沢谷荘、三田こぶしの園、のぞみ、ゆう、ホットステーション、トークゆうゆう

にじの家、あおぞら、三田わくわく村、スクラム

契約相手とした理由

障害者の就業訓練の機会を提供することにより、就業に向けた能力と意欲の向上を図ることを目的とし、市内の障害者施設、地域活動支援センター、小規模作業所を含む団体から構成する「障害者ワークチャレンジ実行委員会」を立ち上げ、当該実行委員会に対して委託を行うため。

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部共生社会推進室障害福祉課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5075

ファクス番号:079-562-1294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?