• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > よくあるご質問 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 亡くなった父名義の固定資産税はどうなるのでしょうか?

ここから本文です。

亡くなった父名義の固定資産税はどうなるのでしょうか?

質問

私の父は、今年10月に死亡しましたが、翌年度以降の父名義の固定資産にかかる税金はどうなるのでしょうか?なお、相続人は母と子ども3人の計4人で、相続登記はまだしていません。

回答

固定資産税は賦課期日(1月1日)に固定資産を所有している方に課税されます。しかし、所有者が死亡され、翌年の1月1日までに相続登記(登録)が完了されないときは、法定相続人が納税義務者となります。
したがって、相続登記(登録)が完了されるまでは、固定資産税は相続人4人で連帯して納めていただくことになります。4人の中から代表して納税される方を決めていただき、税務課資産税係に届け出てください。
なお、三田市内に住所のある方が亡くなられた場合は、後日届出書をお送りしています。三田市外に住所のある方が亡くなられた場合は、お手数ですが、税務課資産税係までご連絡ください。届出書をお送りします。

お問い合わせ

経営管理部歳入推進室税務課 担当者名:資産税係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5054、5055

ファクス番号:079-563-5697