• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > よくあるご質問 > 年金・保険・福祉医療 > 国民年金 > 学生納付特例制度の手続について、どうすればいいですか。

ここから本文です。

学生納付特例制度の手続について、どうすればいいですか。

質問

学生納付特例制度の手続について、どうすればいいですか。

回答

手続は、市役所市民課にお願いします。必要なものは、認印・学生証(両面コピーのものでも可)か在学証明書(コピー可)です。学生本人の前年の所得が一定額以下の場合、申請により保険料の納付が猶予されます。承認期間は4月(もしくは20歳到達月)から翌年3月までの学生である期間です。申請は毎年必要です。但し、在学予定期間を申し出ている方について、翌年度も引き続き在学予定の場合には、毎年4月頃に日本年金機構からハガキ形式の申請書が送付されます。 なお、学生納付特例を申請し、承認を受けた期間は、老齢・障害・遺族基礎年金の受給資格をみる場合に必要な期間に算入されます。ただし、年金を受給する時の年金額には反映されません。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5044

ファクス番号:079-560-2101