• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > ごみ・リサイクル・し尿 > 家庭ごみ・資源物 > スプレー缶・カセットボンベ、ガスライターの出し方

ここから本文です。

スプレー缶・カセットボンベ、ガスライターの出し方

スプレー缶・カセットボンベ、ガスライターの出し方

 燃やさないごみを収集している時に、収集車の爆発火災事故が多発しております。幸いにも大きな事故にはなっておりませんが、いつ大きな事故が発生してもおかしくない状況です。スプレー缶やカセットボンベの出し方、使い捨てライターの出し方をご確認いただき、分別マナーを守っていただきますようお願いいたします。

スプレー缶 

カセットボンベ           

使用後、ガスを残さない為に、火の気のない風通しのよい安全な場所で大きめの穴複数の穴をあけ、 

ステーションに出すまでに1日程度置くなど、完全にガスを抜いてから燃やさないごみに出して下さい。

※使い切ったスプレー缶に穴を開けるのが困難な場合は、クリーンセンターまでお問い合せください。

使い捨てライター 使用後、中にガスが残っていないことを確認してから、燃やすごみに出して下さい
金属製ライター

使用後、着火しないことを確認して(燃料用のガス、オイルが無くなってから)燃やさないごみに出してください

使い捨てライターのガスが残っている場合

ガスが残っている場合はビニールテープや輪ゴムなどを利用して、必ず屋外でガス抜きをしてから捨ててください。

ガス抜きの方法(外部サイトへリンク) 

 おねがい ガス抜きは「絶対に屋外で」

 1.穴開け作業は使いきってからおこなって下さい。

 2.穴開け作業は屋外の風通しのいい場所でおこなって下さい。

 3.穴は大きく、複数個所に開けてください。

 4.穴開けの器具は市販の穴開け器具を使用してください。(ハンマー、ドライバー等を利用すると火花が飛び危険です。)

 5.指定袋に入れる時は、ガスが抜けていることを確認してから入れてください。

 一日程度袋にいれず、風通しのいい場所においていただくと、完全に抜けやすいです。

爆発火災事故がおきますと、消防署や警察に連絡を行い、検証をすることとなります。また、収集作業にも影響が出て、燃やさないごみの回収も遅れます。市民の皆さんに、適切に処理をしていただくことにより、スムーズな収集作業が可能となりますので、ご理解とご協力いただきますよう、お願いいたします。

消防現場検証 消防署の検証

消防署や警察による検証が行われる為、処理業務にも影響が出て、各地区の収集業務にも遅れが生じます。

スプレー缶等は正しく処分しましょう(火災予防広報リンク)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

クリーンセンター  

住所:〒669-1507 三田市香下1676

電話番号:079-563-5551

ファクス番号:079-563-6672

※お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?