• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > まちづくりは地域から(ラジオ番組) > まちづくりは地域から「新任地域担当職員あいさつ フラワータウン地区・ウッディタウン、カルチャータウン地区について」平成29年6月20日放送

ここから本文です。

まちづくりは地域から「新任地域担当職員あいさつ フラワータウン地区・ウッディタウン、カルチャータウン地区について」平成29年6月20日放送

地域で活動されている市民の方や市役所の担当者が、地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に出演し、『協働のまちづくり』に関する地域でのさまざまな取り組みや活動についてお話しします。毎月第3火曜日の15時10分~15時25分に放送していますので、ぜひお聴きください。 

 

放送内容

新任地域担当職員あいさつ

三田市 協働推進課・フラワータウン地区担当課長に着任いたしました小東です。
フラワータウン地区は、北摂三田ニュータウンの一つとして開発され、昭和56年から入居が開始されました。今では人口が約2万2千人と市の人口の約22%を占めます。4月の着任以降、少しずつ各地域の会合に参加させていただいており、まち開きから30数年が経ちましたが、各地区の役員さんの熱心な取り組みやいろんな団体が活動をされていることを実感しました。まだまだ勉強中ではありますが、地域での相談ごとがあれば少しでもお役にたてるよう一緒に汗をかいていきたいと思っています。

ウッディタウン・カルチャータウン地区担当課長に着任いたしました西垣です。
ウッディタウン・カルチャータウン地区は、フラワータウン同様、北摂三田ニュータウンとして開発されました。今ではウッディ、カルチャー合わせると人口約3万8千人と市内人口の約33%を占める非常に大きなまちです。4月の着任以来、地域の会合に何度か参加させていただきました。各地区の役員さんの頑張りに感心し、様々な活動をされていることをあらためて感じました。今はまだまだ勉強中ではありますが、私も少しでもお役にたてるように地域の実態や課題の把握、情報の提供・助言などを行っていきたいと思っています。

フラワータウンについて

フラワータウン地区は住宅開発がすでに終了して、やはり入居された世代の方が高齢となる割合が増えており、全体としては少子化と高齢化が進みつつあります。しかし、近隣の地区で新たに住宅開発がされて入居してきた若い世帯が同じ小学校区に加わっている地区がある一方で、高齢となった方が住宅を手放されたあとに若い世代の方が住み替えで入居されて世代交代が進むという例もあり、フラワータウン地区内でもそれぞれ特徴があります。そういった中でも、日頃から地域でのつながりを大切にしながら、また、自治会をはじめ多様な団体や個人の活動を通じて、自分たちの手でいつまでも健康で住みやすいまちにしようと取り組んでおられるんだなと感じています。

ウッディタウン・カルチャータウンについて

ウッディタウンは近年でも住宅開発が盛んで、新しい住宅がどんどん建って、若い世代の入居が増えている地区があります。一方ではすでに住宅の建築が終了し、当時移り住んでこられた方のお子さんも巣立っていき、高齢者の割合が増えている地区もあります。

また、カルチャータウンでは、地区内に商業施設がないという状況が長く続いていましたが、ようやく商業施設の進出が決まりました。一方、まだまだ家の建っていない区画が多く、建築がこれからといった地区もあります。ニュータウンと言われていますが、もうすでにウッディタウンはまち開きから30年、カルチャータウンは25年経っており、地区によって様々な課題があります。また、地域活動に対しての地域住民の参加や協力が低くなりつつあることもあり、そういった中で、自治会をはじめ様々な団体が住民どうしのつながりを大切にし、自分たちの住んでいるまちを元気で楽しく、そして住みやすいまちにしようと一所懸命活動を行っていると強く感じました。

まちづくり協議会について

フラワータウン地区でも4つの小学校区において「まちづくり協議会」が活動しており、交付金を活用して、ホームページや広報紙で活動の情報の発信や共有をしたり、コミュニティセンターでカフェを開いてみんなが憩う場をつくったり、イスで座ってできる「いきいき百歳体操」で健康づくりをしたり、高齢者の日々のお困りごとの支援活動をサポートしたりなどアイデアを持ち寄って取り組んでおられます。
また、小学校区で「ふれあい祭りとミニねぶた」を開催して多世代で交流をしたり、月に一度の朝市をコミュニテイセンターで地域の有志が自家製の野菜を持ち寄って開催したり、公共用地の空き地を生かして住民が自由に過ごせる広場づくりを進めたり、地域づくりのための多彩な人材バンクを創設したりと、各地区とも特徴のある取り組みをしておられます。自治会をはじめ、まちづくり協議会を構成される団体がされる取り組みを一緒になって支援したり、構成団体では難しいことをまち協が担うなど、地域の横串的な役割を果たしています。

ウッディタウンは4つのまちづくり協議会が、カルチャータウンは1つのまちづくり協議会が設立され活動を行っています。この4月にけやき台地区のまちづくり協議会が設立され、これでウッディタウン、カルチャータウンのすべての小学校区でまちづくり協議会が設立されました。
各まちづくり協議会では様々な活動を行っております。その中でもよく行っていることがフラワータウンでもありましたが、地域住民のつながりのための「コミュニティカフェ」や、健康づくりのための「いきいき百歳体操」の開催です。「コミュニティカフェ」はお茶を飲みながら色んな話ができる地域住民の居場所の提供、「いきいき百歳体操」は健康維持のため、高齢者がからだを動かしながらそしておしゃべりをしながら集まれる場所で、毎週開催するなど積極的に活動しています。
また、ウッディタウンはその名の通り緑豊かな地区です。これら緑や花などを維持していくため、樹木の管理の推進や、桜や花を植える活動などもされます。カルチャータウンでは今年も楽器の演奏者を招きコンサートを開催し、様々な世代の方が楽しんでもらう予定です。
そのほか、バスツアーなども企画されています。各協議会、色んな世代の人が参加できる事業を計画されています。

今後の意気込みについて

市民センターが今後とも市民の方々の自主的な活動や生涯学習の拠点施設として、また、親しまれ、愛される拠点として多くのみなさまにご利用していただきたいと思っています。

さらに地域担当としては、日頃から地域での相談ごとがあれば少しでもお役にたてるよう一緒に汗をかいていきたいと思っています。大きな視点では、各地域の現状と課題を把握して、情報の提供や助言をしたり、先進地の取り組みをご紹介するなどして、地域のこれからのまちづくりの支援をしてまいりたいと思っております。(小東)

あっという間に2カ月半が経ちました。まだ全然地域のお役には立ててはおりませんが、勉強しながらウッディタウン・カルチャータウンのまちづくり、地域コミュニティの向上に全力で取り組みたいと思います。また市民センターがこの地域コミュニティの中心となるように運営に取り組んでいきたいと思います。(西垣)

地域担当制情報

地域担当制ってなあに?

地域担当職員は、どこに配置されていますか?

地域の課題解決に向けた試みにはどのようなものがありますか?

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室協働推進課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5039

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?