• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > こうみん未来塾 > こうみん未来塾<地域でお試しコース>実施報告(あかしあ台小学校区まちづくり連絡協議会)

ここから本文です。

こうみん未来塾<地域でお試しコース>実施報告(あかしあ台小学校区まちづくり連絡協議会)

あかしあ台小学校区まちづくり連絡協議会共催「雷さんのお寺で坐禅体験~くわばらくわばらの民話を知ろう~」を開催しました。

平成29年度こうみん未来塾<地域でお試しコース>を開催しました。

 あかしあ台小学校区まちづくり連絡協議会との共催により、あかしあ台小学校区の子どもたちに、こうみん未来塾のプログラムを体験していただきました。

どんなプログラムをやったの? 

  • (プログラム) 「雷さんのお寺で坐禅体験~くわばらくわばらの民話を知ろう~」
  • (先生) 欣勝寺住職 谷口真弥先生 
  • (日時) 平成29年8月28日(月曜日)10時~11時30分
  • (場所) 太宋山 欣勝寺
  • (参加者数) 31人(児童12人、保護者2人、一般参加12人、地域スタッフ5人)

 

どんな内容だったの?

 参道01

 

 あかしあ台コミュニティハウスから欣勝寺まで、

市のマイクロバスでやってきました。

 今回は、子どもたちとシニアの方々との多世代交流にも

 一役買っています。

 

 

  

   講和 

 

住職さんから欣勝寺の説明を聞きました。

かつては川本家の菩提寺であったなど、川本幸民ゆかりのお寺です。

 

 

 

 

 

 いよいよ坐禅体験です。

準備体操01

 

まずは準備体操。

 

 

 

 坐禅準備

 

  

 

 

 そして、坐蒲(ざふ)に座って足を組みます。

 両方の足の裏が上を向くように…

 

 坐禅準備01

 

 手の置き方は、おへその上で卵を持つように…

 

 

 

 

 

坐禅

 

 

 そして、背筋の伸ばし方、半眼(目線の位置)など、

 坐禅の基本姿勢 を教えてもらい、

  

 坐禅体験スタート。

 

 休憩をはさんで、約10分間の坐禅を2回体験しました。

  

 子どもたちも積極的に警策(きょうさく)をいただきました。(警策とは、肩や背中を打つ棒のことです)

 

 静けさの中、子どもも大人も一体となって精神を集中させ、貴重な時間となりました。

 合掌

 

 そして、正しい合掌の仕方を教えてもらいました。

鼻の先に指先が来るように、脇は開けすぎず閉じすぎず、

 富士山を描くように…「ありがとうございました」合掌。

  

 

 

 

 

くわばらくわばら紙芝居次には、紙芝居。

「くわばらくわばら 欣勝寺」

 

 

「くわばらくわばら」のおまじないの由縁がわかりました。

 

蚊帳体験

 

 

 

 紙芝居にも出てきた蚊帳(かや)に入る体験もしました。

 寝ころんだら景色が違って見えたそうですよ。

 

 

 

絵馬001

 

 

 

そして、絵馬に願いを書きました。

今回は、白地の絵馬で、片面には自由に絵を描きました。

  

 

写経001

 

 

 

 シニアのみなさんは、写経体験。

 

 こちらも願い事を書き込みます。

 

 絵馬飾る

 

 

 

 

井戸

 

 

 

 

 

 雷の子が落ちたといわれる雷井戸です。⇒

参加した子どもの感想

  • 知らないことがたくさん知れて、紙芝居もわかりやすかったし、体験もできたので、とてもおもしろかったです。
  • 坐禅体験や絵馬など、普段はしないことができておもしろかった。
  • すごくつらそうなイメージの坐禅が、慣れてきたら少し楽だったので、今まで思っていたのと違ってびっくりした。 
  • 蚊帳に入って外を見たら、普段の景色とちょっと違った。
  • 心が落ち着いて、気持ちよかった。

見学した大人の感想

  • 生き生きとした様子がうかがえて、将来が明るく感じました。
  • 一生懸命に取り組んでいる姿がよかった。また、礼儀作法等を知るためにもよかったと思う。
  • 今回の体験が、日常に少しだけでも生かされたら、素晴らしいと思う。そう願う。
  • このような機会をもっと作ってほしい。また参加したい。

 

 あなたの地域でもこうみん未来塾を開催しませんか? 

 

 こうみん未来塾では、教育機関や一般企業、地域の達人などの協力で、子どもたちが本物に触れる体験ができるプログラムを用意しています。

 現在、地域で活動する団体が、地域の子どもたちのためにプログラムを実施できるよう、「こうみん未来塾<地域でお試しコース>」を展開しています。

 私たちの地域でもやってみたいと思われる方は、ぜひ多世代活躍支援課までお問合せください。

 詳しくは、募集要項とプログラム一覧をご覧ください。 

 

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民協働室多世代活躍支援課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5046

ファクス番号:079-563-1360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?