• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 救急 > 救急車の適正利用について

ここから本文です。

救急車の適正利用について

 近年、全国的に救急件数が増加傾向にあります。三田市でも年々、救急件数が増加しています。

本当に救急車が必要か、自家用車やタクシー、介護タクシー等を利用して受診できないか、119番通報をする前に一度考えてください。

救急車の適正利用にご協力をお願いします。

救急車は、病気、怪我や交通事故などで緊急に病院で診察や治療を受けなければ生命に危険がおよぶ方のために備えています。平成29年中、三田市内の救急件数は4021件で、3763名を救急搬送しています。そのうち入院を必要としない軽症者は全体の半数以上を占めています。例えば、「自家用車がないから」、「病院が遠いから」、「歯が痛いから」、「今日、入院予定だから」、「手を擦りむいたから」など、これらは実際に救急要請があった事例です。

現在、三田市消防本部には4台の救急車がありますが、すべての救急車が出動中となることもしばしば発生しています。軽い病気や緊急性がない救急要請が増えると1分1秒を争う重症者への対応が遅れ、生命の危険を招く恐れがあります。

あなたやあなたの家族が命の危機に直面し、救急車を要請した時に出動する救急車がなかったらどう思いますか。それがすべて軽症者に出動中だったら。

救急車は限りある資源です。生命の危険のある方のところに救急車がいち早く到着できるように、みなさまのご理解とご協力をお願いします。

救急車を不適正に利用する様子

こんな時は迷わずに119番通報

ろれつが回らない

片方の手が動かない(動き難い)

顔が歪んでいる

意識がない

呼吸をしていない

大量の出血がある

胸の痛みがあり、冷汗をかいている

上記は一例です。その他の場合でも緊急の場合は119番通報をしてください。

救急車利用マニュアル

救急車利用マニュアルについて(消防庁ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

 三田市消防本部認定の患者等搬送事業者(介護タクシー)

患者等搬送事業者(介護タクシー)とは

転院や入退院、通院などの緊急性がない場合に搬送を行う民間の搬送事業者です。下記に案内する事業者は、すべて三田市消防本部の認定を受けており、乗務員は専門講習を修了し、乗務員適認証を保有しています。

利用は有料となります。詳細は下記の患者等搬送事業者へ問い合わせをお願いします。

三田タクシー株式会社

(所在地)三田市中町17番4号

電話番号)0120-563-775

(車両)ストレッチャー、車椅子兼用

メディカル搬送サービスみき

(所在地)三田市三輪4丁目14番地3号

(電話番号)079-501-0380

(車両)ストレッチャー、車椅子兼用

 

 


特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部消防課 

住所:〒669-1543 三田市下深田396

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?