• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 施設案内 > 川本幸民 顕彰碑

ここから本文です。

川本幸民 顕彰碑

幕末の蘭学者川本幸民は三田藩医川本周安の三男として生まれた。
蛮書調所で洋書を翻訳、「化学」という言葉を初めて使用した。
また、日本人で初めてビールを醸造し、マッチの製作や写真撮影に成功するなどの功績を残している。
その功績を称えるために、市立三田小学校の校門前に顕彰碑が建てられている。

施設情報

郵便番号

669-1532

住所

三田市屋敷町