• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 環境保全 > 環境行政と取組み > 「三田市里山と共生するまちづくり条例(案)」の意見交換会の開催及び意見募集について

ここから本文です。

「三田市里山と共生するまちづくり条例(案)」の意見交換会の開催及び意見募集について

「三田市里山と共生するまちづくり条例(案)」について

【条例(案)等の全文はこちら】

          条例(案)の概要(PDF:151KB)

          三田市里山と共生するまちづくり条例(案)(PDF:148KB)

          三田市里山と共生するまちづくり条例施行規則(案)(PDF:110KB)

          例外となる野外焼却の運用指針(案) (PDF:480KB)

 

【制定の背景】
本市は、まちが急速に成長する過程で、市街地と田園地域が近接し、調和する「田園文化都市」を目標としてきました。その結果、都市と共存する市域の里山の景観は、本市を特徴づけるまちの魅力として広く認知されています。
しかし、本市の成長を象徴した人口は、緩やかな減少傾向へと転じ、人々の生活様式や価値観の多様化が進む中、本市のまちづくりの方向性も、「成長」から「成熟」へと転換することが求められます。
里山を本市のかけがえのない宝物として慈しみ、守り伝える「人と自然との共生」。農村地域とかつては里山であった都市地域、それぞれに暮らす人々がお互いの生活や文化を理解し、尊重しあう「人と人との共生」。里山をめぐるこれら二つの「共生」について私たちは、改めて考えなければなりません。ここに、里山の保全と活用を通して、郷土の先人たちが悠久の営みの中で育んできた風景や賑わい、伝統的な文化を継承する持続可能な成熟したまちづくりを目標とし、条例を制定します。

【目的】
この条例は、里山の保全と活用について、基本理念を定め、里山の生物多様性や景観、生活環境及び生活文化を保全し、人と自然、人と人が共生した文化的で魅力ある成熟したまちづくりの実現に寄与することを目的とします。


【責務】
[市の責務]

里山の自然環境の保全及びその資源の活用に当たり、近隣自治体、大学及び研究機関と連携協力し、市民との協働による様々な取組みにより、市域を越えた人と自然、人と人が共生する社会の形成を推進します。
[市民の責務]

里山の環境が農業の営み及び生活の場として利用され、維持されていることの理解に努め、里山を共有の資源として意識し、里山の保全と活用に関する取組みに参加し、及び協力するよう努めます。
[事業者の責務]

里山の保全及び市民生活の安全の確保に必要な措置を講じなければなりません。

 

【条例の特徴】
市民活動による里山の保全と活用により、里山を再生し地域活性化につなげます

[主な内容]
●市民は、自然からの様々な恵みの重要性を認識しつつ、自ら生物多様性の保全に努め循環型の暮らしが図られるよう努めます。また、里山での営みから培われてきた生活文化を地域資源として活用が図れるよう取り組みに努めます。
●里山の所有者は、里山の有する水源かん養、生物多様性、良好な景観など公益的機能の重要性を認識し、保全と活用について、市民、里山保全活動団体等と連携及び協力に努めます。
●市は、里山の所有者、里山周辺の住民、里山保全活動団体等が、持続的な里山の保全と活用が図られるよう行動計画を策定するとともに、必要な措置を講じます。

里山の景観保全と安全確保のため、太陽光発電設備の設置を規制します
[主な内容]
●砂防法により指定された区域、急傾斜地崩壊危険区域、地すべり防止区域、農業振興地域内の農用地、及び保安林では、太陽光発電設備を原則設置してはなりません。
●土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域において太陽光発電設備の設置を計画する事業者に対し、設置の抑制を求めます。
●市街化調整区域で300平方メートル以上の太陽光発電設備を設置する場合は、市長に申請し許可を受けなければなりません。
●山林に太陽光発電設備を設置する場合に、国道、県道から容易に望見できる場所は設置の許可はできません。

地域の生活環境と農業振興の調和を図ります
[主な内容]
●市民は、地域の生活環境と農業振興の調和について相互理解に努めます。
●市民は、農業を営むために例外となる野外焼却を行おうとするときは、運用指針を遵守しなければなりません。
●市は、生活環境の保全を図るため、農業を営むための野外焼却を減少させることに関し、必要な施策を講じます。 

意見交換会の開催

【意見交換会の開催日程】 

  開 催 日  時  間  場  所
  10月27日㈯    ※注1   10時から12時まで

  市役所2号庁舎2階  2201会議室

  10月28日㈰   18時から20時まで   広野市民センター  多目的ホール
  10月30日㈫   19時から21時まで   有馬富士共生センター  多目的室

 

注1:手話通訳・要約筆記を必要とされる方は、10月27日㈯に開催される市役所2号庁舎2階2201会議室での参加をお願いします。

【参加できる方】

市内在住、在勤、在学者、市内で事業活動その他の活動を行う人、団体

※なお、ご参加にあたっては事前申し込みをお願いします。開催日前日までに電話・FAX・eメールで住所・名前・電話番号をご連絡ください。

 

意見募集

【条例(案)に対する意見募集】

条例(案)に対する皆さんのご意見を募集します。ご意見をお寄せください。

【募集期間】

平成30年10月11日㈭  から  10月30日㈫  到着分まで有効

【意見の提出ができる方】

市内在住、在勤、在学者、市内で事業活動その他の活動を行う人、団体

※匿名での提出はできません。

 

【提出方法】

任意の様式に、ご意見、住所、名前、電話番号を記入し、窓口、郵送、ファックス、eメールで提出をお願いします。

    

特によくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境共生室里山のまちづくり課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5226

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?