本文へジャンプします。

  • よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 特産物・地産地消 > さんだ地産地消プロジェクト

ここから本文です。

さんだ地産地消プロジェクト

さんだ地産地消プロジェクトとは

地元三田の農産物の付加価値(ブランド化)を高めるため、農産物の安心安全を向上させることにより、販路拡大・売上向上を目指して、平成22年度から「さんだ地産地消プロジェクト」を実施。下記の戦略目標を掲げ、活動の4本柱を軸に地産地消の取組みを進めています。

戦略(見える)目標:エコファーマー化率兵庫県下一の実現

kenka1

≪活動の4本柱≫

  • 活動の柱1:レベルアップ講習会(エコファーマー化を重点)
  • 活動の柱2:さんだ地産地消の応援店制度の創設と普及
  • 活動の柱3:食フェスタ
  • 活動の柱4:各種イベント参加によるエコファーマー農家との交流ほか

レベルアップ講習会

 レベルアップ講習では、当プロジェクトの戦略目標である「エコファーマー率・兵庫県下一番の実現」を達成するため、エコファーマー化を重点に置きます。

(1)エコファーマー農場にのぼりの設置とPR( ⇒「見える化」 )     

(2)エコファーマー農産物販売コーナー(パスカルさんだ他)の設置

(3)三田ファームマイレージ運動の実施

 「三田ファームマイレージ運動」は「人と環境にやさしい農業を応援しよう」という呼びかけに対し、消費者が買うことで化学肥料や農薬の低減に取り組む生産者を応援していこうという取り組みです。エコファーマーコーナー

ファームマイレージラベル新

 

 

エコファーマーとは

堆肥等による土づくりを行い、慣行農法により化学肥料と化学合成農薬の使用を3から5割以上減らしていこうとする栽培計画に取り組む農業者の愛称です。持続農業法に基づく県知事認定制度。

ekofama

さんだ地産地消の応援店制度の創設と普及

飲食店や小売店で、地産地消を進めているお店を認定して応援していく制度。現在、レストランや焼き肉店、居酒屋などの飲食店、パン屋さんや和洋菓子店などの小売店、合計57店が応援店として登録されています。

認定店マーク

 

  ≪地産地消認定応援店情報≫

さんだ産を食べる

(飲食店)

さんだ産を買う

(小売店)

和食 三田米
洋食 三田牛・肉
中華 加工品
肉料理 青果
魚料理 スイーツ
麺類 パン
弁当・お惣菜  
スイーツ  
カフェ  
その他  

三田米PR商品開発・配布事業 

 三田市農業の基幹作物である三田米のPR商品を開発し転入者に配布することで三田産のおいしさを知ってもらい、消費拡大を図ることで地産地消の推進を目指すものです。

三田米キューブ米

 転入世帯に三田米の配布を行っています

その他の取り組み

≪三田バルの開催≫

「地産地消で食べ歩き、飲み歩き」三田駅近郊の飲食店・小売店をめぐり、三田の秋の味覚を存分に味わってもらおうと企画。様々なジャンルの飲食店が自慢のバルメニューを用意。

 ≪食育フェステイバル≫

三田には、さまざまな食育活動、料理教室や食に関するセミナーなどがたくさんあり、その中で蓄積されてきた「素材・技術・知恵」をもとに、地元食材を使った料理レシピや学校給食コンクールのレシピの紹介、また、それらのレシピを活用し地産地消認定応援店とのコラボレーションによる三田の旬の食材(地場野菜)のPR活動を展開しました。

 ≪各種イベント参加によるPRやエコファーマー農家との交流≫

市内で開催されているイベント等に参加し、地産地消プロジェクトの取組みやエコファーマー(環境保全型農業)等を知ってもらうためにPR活動を実施。農業体験などエコファーマーとの交流を進めることにより、三田の農産物の安心安全をPR。 

エコファーマーとの交流

 

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域振興部産業振興室農業振興課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5089

ファクス番号:079-562-2175

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?