本文へジャンプします。

  • よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > 消費者トラブル情報・お知らせ > 伸びゆく三田掲載「消費生活情報」 > 「有料動画サイトの未払料金請求にご注意!」(平成29年4月15日号伸びゆく三田掲載)

ここから本文です。

「有料動画サイトの未払料金請求にご注意!」(平成29年4月15日号伸びゆく三田掲載)

4月15日号広報「有料動画サイトの未払料金請求にご注意!」

「未払いのサイト利用料がある」など、身に覚えのない支払いを要求するメールが届く「架空請求」についての相談が後を絶ちません。最近の目立った特徴をお知らせします。

【事例】

昨日、DMMという事業者から「有料動画の閲覧履歴があり料金が未納である。本日中に連絡がない場合、法的処置に移行する」というメールが、携帯電話のSMS(※)で届いた。身に覚えはなかったが、心配だったので記載の電話番号に連絡すると、名前と住所を聞かれ、「アダルトサイト利用料金38万円の未払いがあるので本日中に払ってほしい」と言われた。「見ていない」と答えると、大声で怒鳴られたので怖くなり電話を切った。どうしたらいいか。

「架空請求」は、サイト利用料が未納であるなどとして支払いを求めるメールを送りつけ、身に覚えのない請求に驚いて連絡してきた消費者に対し、「今日中に支払えば、訴訟手続きは取り下げる」などと不安をあおって、金銭を支払わせようとする詐欺の手口です。近年、最も多い相談の一つですが、最近の目立った特徴として「実在の事業者とよく似た会社名であるDMMを名のっている」「SMS(※)を利用している」「電子マネーのギフト券を購入するよう指示する」という3点があげられます。

相談者には、身に覚えのない請求であり、典型的な架空請求と判断できることから、無視して支払わず、今後は事業者に連絡しないよう助言しました。ただし、電話で個人情報を伝えていることから、請求書面などが届いた場合には、早急に消費生活センターに相談するよう伝えました。

【アドバイス】

(1)DMMの未払い料金を支払えというのは詐欺の手口です

動画配信サービスを提供するDMM.comという事業者は実在しますが、当事業者の有料動画サービスは前払い方式であり、無料動画サービスは会員登録せずに利用できます。いずれの場合も未払いは発生しません。したがってDMMを名のって未払い料金を請求するものは詐欺ですので無視しましょう。

(2)「本日中に連絡がなければ訴訟に移行します」という「SMS(※)は詐欺の手口です

相手を脅かし、せき立てて冷静な判断力を失わせようという典型的な詐欺の手口です。絶対に連絡しないようにしましょう。

(3)電子マネーのギフト券を購入してカード番号を連絡しろというのは詐欺の手口です

電子マネーのカード番号を教えるということは、購入した金額を全て相手に渡すことと同じです。一度、要求に応じると他にも未払い料金があるなどと更なる支払いを求められます。

(4)不審な点がある場合は、事業者に連絡をとったり、支払ったりせず、消費生活センターに相談してください

(※)メールアドレスではなく、携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービス

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター   担当者名:消費生活センター

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5059

ファクス番号:079-563-8001

※ご相談は、消費生活センター(079-559-5059)へ電話または来所でお願いします。
  こちらのお問い合わせフォームからのご相談はお受けできませんので、ご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?