• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 防災 > 備えあれば憂いなし(ラジオ番組) > 備えあれば憂いなし「さんだ防災リーダーの会による防災啓発の取組み」平成29年8月10日放送分

ここから本文です。

備えあれば憂いなし「さんだ防災リーダーの会による防災啓発の取組み」平成29年8月10日放送分

 地震や台風などの災害に対して、日頃の備えや対策などのポイントの紹介や、市が行う防災施策についてお伝えする番組です。

 本市において、様々な防災啓発活動に取り組まれている、さんだ防災リーダーの会 佐々木会長にご出演いただきました。

 

  

放送概要

さんだ防災リーダーの会について

平成19年に「ひょうご防災リーダー講座」受講修了の防災士の有志11名により結成。平成29年5月現在の会員数は80名。

三田市指定避難所の防災倉庫資機材の定期点検
・地域版防災マップ作成の支援(平成28年度末現在で40地区を作成)
・三田市総合防災訓練、消防フェアー等、各種防災イベントでの防災啓発活動
・各自治会防災訓練への参加、支援
など、様々な防災啓発活動を実施。

平成28年12月、兵庫県「人間サイズのまちづくり賞 知事賞」受賞。
平成29年6月、「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」受賞。

災害に備えるためのポイント

緊急地震速報等の防災情報の意味や災害に関する知識を理解しておきましょう。
いざという時に取るべき自分の身を守る行動を確認しましょう。
家具の転倒防止対策など簡単なところから備える行動を起こしましょう。

風水害時の避難のポイント

ハザードマップ等により自宅周辺の土砂災害警戒区域や洪水浸水想定区域等の地域特性、危険箇所を把握しておきましょう。
各種気象情報や避難情報に十分留意し、早めの避難を心掛けましょう。
夜間や既に自宅周辺が冠水している等、避難所への避難に危険が伴うと考えられる場合は、建物2階への避難(垂直避難)も有効です。

地震への備え

地震発生時等、電話が繋がりにくくなった場合の安否確認方法として、「災害用伝言ダイヤル(171)」が有効です。
地域で自主防災組織を結成し、いざという時の集合場所、行動等を確認しておく等、共助の取組みも重要です。

特によくあるご質問

お問い合わせ

危機管理課  

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5057

ファクス番号:079-559-1254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?