• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康づくり > 熱中症に気をつけよう

ここから本文です。

熱中症に気をつけよう

熱中症

   暑い環境の中で、からだの中の水分や塩分が不足して脱水状態になり、からだの中の熱を外にだすことができなくなって熱がこもるため、様々な症状が現れる状態が熱中症です。

   夏が近づくにつれ、熱中症による救急搬送や死亡件数も増えてきます。

熱中症の多くなる時期

   気温30℃以上の真夏日や熱帯夜などの暑い環境に長時間居た場合、また、涼しい時期が続いて急に暑くなった日などに、体温調節が上手くできなくなり発症します。

多い発生場所

   暑い環境やその中での運動、労働時、またそこに居た後の体調不良は、熱中症の可能性があります。

   高齢者は家庭内、成年は職場、子どもは運動時、特に乳幼児は車内での発生が多いなど、年齢による違いがありますが、一般的に日常生活の中での発生が多いとされています。

熱中症に見られる身体の変化と対応

   こんな症状があったら医療機関を受診しましょう

  1. めまい、立ちくらみ、こむら返り
    →涼しい場所で衣服をゆるめ、身体を冷やして休息をとり、水分・塩分を補給しましょう
  2. 意識がもうろうとする、頭痛、吐き気、吐く
    →涼しい場所でも、自分で水分・塩分をとれないときは、すぐに病院へ
  3. ふらふらする、立てない、意識を失う
    →水や氷で身体を冷やし、すぐに病院へ行くか救急車を呼びましょう

            *身体の冷やし方
                首筋、脇の下、脚のつけねなどを、冷たい水や氷をタオルにくるんであてる。

熱中症予防のポイント

  1. 暑さを避けましょう
  2. 服装を工夫しましょう
  3. こまめに水分を補給しましょう
  4. 急に暑くなる日に注意しましょう  
  5. その日の体調や持病など、個人の条件を考慮しましょう
  6. 集団の活動の場ではお互いに配慮しましょう

 以下のホームページも参考にしてください。


特によくあるご質問

お問い合わせ

健康福祉部保健推進室健康増進課

住所:〒669-1514 三田市川除675(総合福祉保健センター内)

電話番号:079-559-5701

ファクス番号:079-559-5705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?