• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 嫁が渕ものがたり

ここから本文です。

嫁が渕ものがたり

イラスト:お嫁さんが身を投げている様子

武庫川と青野川の合流点に「嫁が渕」がある。昔、仲の良い若夫婦がいた。姑は二人の仲をねたみ、よく嫁いびりをした。

ある日、お嫁さんに、一つの広い田を「今日中に植えるように」と言った。

お嫁さんは一度も休まず必死の思いで植えた。陽は暮れてもまだ半分しか植わらない。

このまま帰ると姑に何と言われるかわからない。それを思うと急に悲しくなり、渕の上の大岩から身を投げた。

村人達は、お嫁さんを哀れみ霊を慰めようと、祠(ほこら)を建てて祀(まつ)った。

それから、この渕を誰言うとなく「嫁が渕」と呼ぶようになった。


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?