• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > 焼山になった岩倉山

ここから本文です。

焼山になった岩倉山

焼き山イラスト

藍本の岩倉山は神様が降りてこられる「岩座」のある山として崇められていた。
ある年、武庫川が大洪水となり、収穫は大きく減り、実った作物もイノシシに食べ荒らされた。村人はイノシシ狩りに山へ入り、山頂でイノシシ肉を焼いたところ強風に煽られ山火事になってしまった。「神様がおいでになる所で肉を焼いて食べたから神様が怒っている。」「岩倉山と呼ぶからたたりがあるのだ。焼けた山だから焼山と呼ぼう。」こうしていつか岩倉山は「焼山」と呼ばれるようになった。

イラスト  笹倉 尚光
三田の民話100選(下)より

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?