• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 文化・スポーツ・学習 > 文化財・市史 > 三田の民話 > うばが谷の水

ここから本文です。

うばが谷の水

イラスト:背負われたおばあさんが木の枝を折っている様子

昔、藍本村では凶作が続き、農民の生活はとても苦しかった。

年貢米を納めると、5人家族に2俵の米しか残らなかった。

自分一人でも減れば家族が助かるだろうと考えたばあさんは、「うばが谷」へ向かった。

そこは、年寄りがよく身を捨てる所だった。ばあさんの心を察した息子は後を追いかけて、必死に連れ戻そうとしたが、聞き入れようとはしない。

背負われたばあさんは、帰る息子が道に迷わないよう、折った木の枝を目印にと投げていた。

老いてなお子を思う親心に堪(たま)らなくなった息子は、わき水の所で休んで、説得しようとした。

拒(こば)むばあさんを無理やり家に連れて帰ってきた。 


イラスト:岩本芳子 
出展:三田市教育委員会「みんわまっぷ」平成7年

特によくあるご質問

お問い合わせ

市民生活部市民文化室文化スポーツ課生涯学習担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5145

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?